採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

採用担当者が教える!転職活動で成功する人の特徴3つ

スポンサーリンク

 

中途採用では、同じような経歴を持ち、同じようなタイミングで転職活動をしていても、内定をもらいやすい人と、選考落ちばかりする人がはっきり分かれています。

 

転職希望者と同じように企業も千差万別。

求人の内容もそれぞれの企業で個性があります。

 

それなのに、内定をもらいやすい人と選考落ちばかりする人というのが存在するのはなぜでしょうか。

 

今回は、内定をもらいやすい人は、選考落ちばかりする人と何が違うのか、転職活動において何をしているのかについて紹介したいと思います。

 

◉内定をもらいやすい人の特徴

内定をもらいやすい人の特徴には、下記の3点があります。

 

  1. 書類選考に通過しやすい
  2. コミュニケーション能力が高い
  3. 志望度の高さが伝わる志望動機がある

 

一つずつ解説したいと思います。

 

◉1.書類選考に通過しやすい 

内定をもらいやすい人の特徴には、書類選考に通過しやすいという特徴があります。

 

書類選考とは、転職活動をするにあたって、企業側に提出する履歴書や職務経歴書のことです。

 

中途採用の書類選考で見られるポイントは主に下記6点で、大きく3つの段階に分けることができます。

 

(段階①)

  • 年齢
  • 学歴(最終学歴)

_________________

(段階②)

  • どんな企業に所属していたか
  • 職歴で得たスキル

__________________

(段階③)

  • 写真の印象
  • 志望動機(キャリアの志向)

 

段階①の年齢と学歴に関しては、求人票にも「大卒以上・20代~30代まで」といように明記されていることが多いですが、部署のメンバー構成や、今回の求人におけるポジションに応じて、採用を開始する時点で企業側が設定しています。

 

そのため、選考にはほとんど時間がかけられず、この時点で範囲外であれば選考落ちとなります。

 

転職活動の効率化の妨げともなるので、年齢・学歴に関する条件は条件に合っているかを確認してから応募するようにしてください。

 

(転職エージェントを介して転職をしている場合には、年齢・学歴の条件に外れる人は

求人紹介自体をされないので安心してください。)

 

次に「どんな企業に所属していたか」と、「職歴で得たスキルですが、これらを知ることは、転職希望者が今回の求人で活かせる能力をはかることにつながります。

 

そのため、この第二段階が、書類選考において最も重視されるポイントになります。

 

この第②段階を通過するためには、どのような工夫をするべきか、簡単に説明をします。

 

例えば、営業マンの求人に対して書類を作成する場合。

 

職務経歴書には、営業成績や営業スタイル、自分のアピールポイントについて記載をすると思います。

 

その時には、ただ単に目標に対して何%クリアしたなどの数字を書くだけでなく、応募する求人で求められている人材に自分がいかに近いかを意識して記載するようにしてください。

 

実際の例を挙げてみるとすると、

 

求人票の求める人材像の欄に、「企画提案力がある方」という記載があった場合には下記のようなコメントを入れるようにします。

 

営業成績  

2018年度  売り上げ予算◯万に対し 120%達成

2019年度  売り上げ予算◯万に対し 130%達成

→取引先のニーズを的確に読み取り、ニーズに合った提案をすることで売り上げ予算を2年連続で大幅に達成することができました。

 

このように一言入れるだけで、この候補者は、求人に合った人物だということを一目で採用担当者に伝えることができます。

 

さらに、具体的に書ける内容があれば付け加えることで、予算達成に至るまでの行動がよりリアルに伝わり、この営業スタイルであればうちの会社でも営業成績を残してくれるというアピールになるのです。

 

採用担当者が受け取る職務経歴書の量は、とても多く、一人一人の書類からどのような能力がある人物なのかを読み取るのは、その採用担当者の感覚的なものに任せられている部分もあります。

 

せっかく前職や現職において良い成績を残していたとしても、その数字に至ったプロセスを読み間違えられてしまうと選考落ちする可能性も出てきます。

 

履歴書や職務経歴書を作成する時には、常に求められている人材に自分がいかに近いかを意識して簡潔に、でも可能な限り具体的にアピールポイントを盛り込むようにしてください。

 

内定がもらえる履歴書・職務経歴書の作成方法については、別の記事でより詳しく説明させて頂きます(^^)/ 是非参考にしてください。

 

次に、第③段階の写真の印象」「志望動機(キャリアの志向)ですが、これも書類選考においては必ず確認されるポイントとなります。

 

まず、写真の印象ですが、転職活動中に使用する写真と撮影する際には下記のポイントをおさえることをおすすめします。

 

  • 背景は白、青、グレーのどれかにする
  • 着用するシャツは白
  • 男性の場合ネクタイは紺や水色
  • 髪の毛は整え、男性はオデコが見える髪型、女性の前髪は横に流す
 
これは、私がこれまでの書類選考をしている中で感じた書類選考を通過しやすい人の履歴書写真の特徴です。
 
就職・転職活動において写真の印象が重要だということは多くのサイトでも言われていますが、私も重要なポイントだと感じています。
 
採用担当者は、採用活動をするにあたって自分の会社で力を発揮してくれそうな人を採用したいのはもちろんですが、自分と同じ会社で働きたいと思える人を採用する傾向があります。
 
転職活動で利用する証明写真を撮影する時には、上のようなポイントをおさえ、どんな相手が見ても常識的な社会人であり、さわやかで好印象を与える写真を準備するよう心掛けてみてください。
 
内定がもらえる証明写真に撮り方については、別の記事で詳しく紹介しています!(後日掲載)
書類選考の時点で選考落ちしやすい人は写真が原因の場合もありますので、参考にしてみてください!
 
以上が、内定をもらいやすい人の特徴「①書類選考に通過しやすい」です。
別の記事で、書類作成における注意点にもより詳しく解説していますが、転職活動において最も難関なのは書類選考です。
 
上の内容などを参考にして、まずは書類選考に通過する書類の準備をしてみることをおすすめします!
 
→採用担当者が教える内定がもらえる履歴書・職務経歴書の作成方法  (後日掲載)
採用担当者が教える内定がもらえる証明写真の撮り方    (後日掲載)
 

◉2.コミュニケーション能力が高い

内定がもらいやすい人の特徴として、次に挙げられるのが「コミュニケーション能力が高い」です。
 
社会人を経験したことがある人であれば、コミュニケーション能力の高さがあらゆる判断を左右し、コミュニケーション能力が高い人の方が得することが多いことを知っていると思います。
 
そのため、コミュニケーション能力が高い人を採用することは、採用後の仕事での実績や職場環境に早期に慣れることに直結すると考えられ、採用の現場ではできるだけコミュニケーション能力の高い人を採用しようとされます。
 
しかし、中途採用において、コミュニケーション能力の高さをみられる場面は、メールでのやりとりや面接当日の対応ぐらいで、短時間勝負のものになります。
 
そのため、少し工夫するだけで採用担当者にコミュニケーションが円滑に行える人物だと判断してもらえると私は考えています。
 
実際にどのような工夫をするかというと下記のポイントを挙げることができます。
 
◎採用担当者とのメールでのやりとり
  • 簡潔に、質問したい場合でもだらだら書かない。
  • お礼の言葉を必ずいれる

 

◎面接でのコミュニケーション

  • 相手が話をしている時には、目をみて会話をする
  • 落ち着いてゆっくり会話することを心掛ける
  • 笑顔を時折入れて、場を柔らかい雰囲気になるよう心掛ける
  • 自分のアピールポイントは初めに言う
 
まず、メールでのやりとりですが、メールにおけるやり取りでは相手の読みやすさを一番に意識する必要があります。
 
例えば、面接日程の調整に関するメールのやりとりでは、下記のようなメールをします。
 
_________________________________
○○会社
採用ご担当者 ○○様
 
お世話になっています。
面接調整の件、ご連絡頂きましてありがとうございました。
 
下記、面接可能な日程を記載させて頂きます。
 
・〇月〇日(〇曜日)13時~17時までの間
・〇月〇日(〇曜日)9時~17時までの間
・〇月〇日(〇曜日)9時~12時までの間
 
以上になります。
 
また、面接に関して以下2点の質問がございます。
 
 
お忙しい中、お手数ですがご確認を宜しくお願い申し上げます。
 
_______________________________
 
2つのことを言いたい時に、メールの中で同じ文章の中で伝えられるととても分かりにくく、また誤解を生みやすくなります。
 
メールは、できるだけ簡潔に分かりやすくするように心がけ、相手へのお礼の言葉を付け加えて送るようにすると好印象を与えやすくなります。
 
次に、面接におけるコミュニケーションですが、相手と会話をする時に、人間は自然と会話の内容よりも、その人物の雰囲気や話し方をもって、その内容の信ぴょう性や人物を評価していると言われています。
 
実際に、中途採用の面接時でも、面接の場の雰囲気づくりが上手い人や話し方が落ち着いている人は合格をもらえやすいと私も経験上感じています。
 
面接の場は緊張するので、早口になる人や、目線が頻繁に動く人が年齢に問わず多くいます。
 
緊張する場面でも落ち着いた話し方で好印象な会話ができるように、面接で聞かれそうな質問に対する回答のポイントを考えておくこと、会話中には笑顔をみせることをしてみてください。
 
また、面接当日までにスマホの録画機能を利用して自分の面接での様子を客観的に知ることもおすすめします。
 
面接時の姿勢や態度だけでなく、間の取り方や声の特徴など、自分が人と話をする時の特徴を知ることができます。
 
そして、質問の答えが分かりやすく伝わるポイントとしては、まず初めに答えを言ってしまうことも大事なポイントです。
 
自分の最大の自己アピールポイントが説明の文で分かりにくくなることがないように、面接での質問に対する回答では、まず答えをはっきり伝え、その後で説明を簡潔に加えるようにしてみてください。
 
内定がもらえる面接対策については、別の記事で詳しく説明しています。(後日掲載)
是非参考にしてみてください!
 

◉3.志望度の高い志望動機がある

中途採用において、最終的に候補者を決める時には、候補者の志望度の高さがみられます。

 

志望度の高さは履歴書や職務経歴書といった応募書類と面接での受け答えの内容によって評価がされます。

 

採用担当者をしていると、よく見る志望動機として、「企業理念に共感した」や「販売している製品に興味がある」といったものがあります。

 

これらの志望動機も悪くはないですが、できれば他の候補者と差をつけれるようなオリジナルの志望動機を考えることをおすすめします。

 

オリジナルの志望動機を考えるポイントとしては、下記のようなポイントがあります。

 

  • 自分のスキルを活かせるポジション
  • 自分のキャリアプランに合った企業
  • 製品を販売するにあたり自分が活かせる経験やコネクションがある  など

 

志望動機を伝える時には、会社にとっても自分とってもメリットが十分にある採用であることをアピールすることで内定がもらいやすくなるという傾向があります。

 

先ほど例に挙げた「企業理念に共感した」や「販売している製品に興味がある」というのは、会社側を評価していることをアピールするだけの志望動機となっています。

 

当たり障りのない回答ではありますが、評価を上げる回答ではありません。

 

志望動機を考える時には、まず自分を採用された場合に企業側と自分側にどのようなメリットがあるかについて考えてみてください。

 

この考え方をするだけで、志望動機が具体的になり内定率をあげることはもちろん、自分の転職の方向性も明確にすることができます。

 

◉転職活動で内定をもらいやすい人の特徴は3つ

 

書類選考に通過しやすい

②コミュニケーション能力が高い

③志望度の高さが伝わる志望動機がある

 

以上の3点が、今回の記事で紹介した転職活動で内定がもらいやすい人の特徴です。

長々と説明をしましたが、どれも少しの工夫をすれば真似することができる特徴です。

 

転職活動が思うように進まない人や、転職活動に不安がある人は、今回紹介した「内定をもらいやすい人の特徴」を参考に転職活動を進めてみてください。

 

◉丁寧な支援で転職成功者が多い転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びも重要なポイントになります。

 

現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

皆さんの転職が成功することを願ってます(^^)