採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

合否に影響を与えるのか?知っておくべき転職の証明写真マナー

スポンサーリンク

転職活動においては、履歴書と職務経歴書の準備が必要になります。

 

以前の記事で、中途採用では書類選考が最大の難関とお伝えしましたが、履歴書や職務経歴書の作成とともに大事な準備として履歴書に貼る証明写真があります。

 

採用担当者として働いていると、転職を考えている友人達からもよく「証明写真で合否が決まることなんてあるの?」と聞かれますが、正直に言うと、証明写真は合否を左右する重要なポイントになります。

 

そこで今回は、転職における「証明写真のマナー」について紹介したいと思います。

 

         【目次】

 

証明写真の選考に与える影響

中途採用の書類選考では、確認されるマナーのポイントが主に6つあります。

 

  • 年齢
  • 最終学歴
  • どんな企業に所属していたか
  • 職歴で得たスキル
  • 写真の印象
  • 志望動機

 

書類選考では、これら6つのポイントが主に重点に確認され、総合的に合否が決められます。

 

そのため「写真が良いから合格!」というのは、一部の業界だけであり、一般的な企業ではありえません。

 

しかし、逆に「写真が悪いから不合格」は普通に起こりうる判断であり、私も経験したことがあります。

 

採用担当者が写真を見る時にどのようなポイントに注目をしているかというと、下記のようなマナーのポイントです。

 

スポンサーリンク

 

男女共通

着用しているスーツやシャツに乱れがないか

全体的に清潔感があるか

 

男性の場合

ネクタイが常識的なものか

髪の毛は長くないか

髭などは剃られているか

 

女性の場合

派手な化粧をしていないか

カラーコンタクトを付けて撮影していないか

髪の毛は整えられており、社会人らしい髪型か

 

この中で一番重要なポイントは、全体の印象が明るく清潔感のある印象となっているかということです。

 

中途採用で、転職希望者を採用した場合、入社後はその人も会社の看板を背負って働くようになります。

 

どんな職種であっても、暗い印象で清潔感のない人には仕事を任せたくないと感じられてしまいます。

 

そのため、履歴書に使用する証明写真では、誰からみても明るく清潔感のある印象を与える証明写真を使うようにしましょう。

 

また、最近では、特に女性で加工した証明写真を貼って提出する人がいますが、一般企業の中途採用では顔の良し悪しは関係ありません。

 

不自然な加工が見られるとマイナスの印象がつくため、履歴書に貼る証明写真には加工などはせず社会人らしく誰が見ても好印象を与える写真を心掛けましょう。

 

内定をもらえる証明写真の撮り方

ここでは、実際にどうすれば書類選考を通過できる証明写真を撮ることができるかについて説明したいと思います。

 

私が書類選考をしているなかで、選考に通過しやすいと感じる人は、下記のような証明写真を選んでいる人です。

 

  • 背景は白、青、グレーのどれかにする
  • 着用するシャツは白か水色
  • 男性の場合ネクタイは紺や水色
  • 髪の毛は整え、男性はオデコが見える髪型、女性の前髪は横に流す

 

先程も言いましたが、写真において、最も重要なポイントは清潔感です。

 

上のポイントを参加にするとともに、男性の場合には髪型、女性の場合にはお化粧に注意をして写真を準備するようにしてください。

 

これは裏話ですが、、多くの企業では、書類選考、一次面接、二次面接に関わる全ての面接官に対し、資料として候補者の履歴書と職務経歴書を配布します。

 

その時、コピーをして準備をするのですが、そのコピーは経費の観点からも白黒コピーになります。

 

そのため、写真の背景や全体的の印象がもともと暗い写真を利用していると、かなり暗い印象を持たれることになります。

 

以前の記事でも書きましたが、採用ではその人が何を言ったかだけでなく、採用担当者の感覚的なところで合否が左右することがあります。

 

できるだけ、爽やかな好印象の写真にするためには、背景を白に近いものにすることやシャツやネクタイの色の選択にも注意してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

スピード写真でもいいのか

 これも良く転職希望者から質問されることですが、私の経験ではどちらでも構いと思います。

 

しかし、上の章でも書いたように転職活動における証明写真は爽やかな印象をつけることが重要です。

 

写真館の写真は、光の調整をしなが撮影してくれるためとても自然な鮮やかな写真となります。

 

また、髪型や服装などの乱れをカメラマンが注意しながら撮影してくれるので、選考に通過しやすい写真を自然と準備することができます。

 

スピード写真よりお金はかかりますが、追加で焼き回しする場合にもすぐに準備ができるので、時間に余裕がある場合には写真館での撮影をおすすめします。

 

好印象の写真を準備することは内定につながる

 今回、転職活動において使用する証明写真の印象が悪いと書類選考の合否に悪影響を与えることを紹介しました。

 

実際に、書類選考がなかなか通過しない人が写真を撮り直したことで選考に通過しやすくなったという話も良く聞く話です。

 

転職活動を開始すると、忙しく時間の余裕も少なくなってきます。

 

転職活動を効率的に、かつマイナスポイントとなる要素を減らすためにも、証明写真は印象の良いものを初めから用意しておくことをおすすめします。

 

f:id:Nami88:20200209133928p:plain

 スポンサーリンク