採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

転職成功率の高いスピード感を持った転職の方法とは!?

スポンサーリンク

転職活動において必要なことは、たくさんあります。

 

現在は、求人倍率がバブル期を超えたと言われ

、転職はしやすい時代と言われています。

 

しかし、だからといって誰でも転職ができるという訳ではありません。

 

今回は、採用担当者として働いている私が転職に必要だと考えることを紹介したいと思います。

 

◉転職に最も必要なことはスピード感

転職において、最も必要なことは、転職を開始してから内定をもらうまでにスピード感を持ちできるだけ早く転職活動を終わらせるようにすることです。

 

実は転職活動を失敗する人の特徴には、転職期間が長いということがあります。

 

転職活動は働きながらしている人が多いため、書類の準備や、転職エージェントとの打ち合わせの予定が立てられず時間がかかってしまう人もいます。

 

しかし、平均的な転職活動は、3ヶ月〜6ヶ月と言われており、それ以上長引くと転職活動を失敗する可能性が高くなります。

 

◉転職活動が長引くと転職が失敗する理由

転職活動が長引くことで、転職自体が失敗しやすい理由には、下記の理由があげられます。

 

  • 体力がもたなくなる
  • 転職に対するモチベーションの低下
  • 求人を選ばなくなる
  • 転職エージェントや企業の面接官から転職市場の価値が低い人と判断されてしまう

 

転職活動は、一度経験した人なら分かりますが、体力をとても使います。

 

そのため、転職活動が長引くことでまずは体力が追いつかなくなり、体調を壊すことや転職に対するモチベーションが低下することにつながります。

 

また、初めは、自分の転職する上での条件と、企業側の求人票に書かれた条件を比較して、応募する企業を絞っていても、転職を終わらせたい一心でだんだんと自分側の条件を下げて応募するようにもなります。

 

そして、最後に転職が長引くことで転職が失敗する大きな理由として、転職エージェントや企業側の面接官からも転職活動が長引いているという事実だけで、転職市場で評価が低い人だと判断されてしまうことがあります。

 

これらは、ただ単純に仕事が忙しくて転職にあてる時間があまりなかった人だとしてもおこりつる転職に失敗する要因です。

 

◉転職活動が長引かないためにするべきこと

転職活動が長引くと、転職に失敗する可能性が高くなることを前項までに紹介しました。

 

そこで、転職活動を長引かせないためにするべきことをここでは紹介したいと思います。

 

転職活動が長引かないためにすることは、下記の3点です。

 

  • 転職開始時点で転職の終了時点を決める
  • 転職に集中できる期間を設ける
  • 転職エージェントとは密に連絡をとりスピード感を持って返信する

 

転職活動を開始する時には、ある程度の退職予定日を設定し、そこから1ヶ月前ぐらいを目処に転職終了時点を設定することをおすすめします。

 

もちろん、退職予定日は、今受け持っている仕事ボーナスのタイミング就業規則に書かれている退職に関する事項を考慮して設定するようにしましょう。

 

また、退職の意向を会社に伝えなければならない時点は、会社によって退職の1ヶ月前や3ヶ月前というように設定されていますので、転職しようと考えたら一度は就業規則の確認をするようにしてください。

 

そして、転職に集中できる期間を設けることです。

 

働きながら転職をする方は、仕事が忙しく難しいと感じるかと思いますが、転職活動は集中して一気に終わらせるが最も効率が良いとされています。

 

平日の夜も難しい人は、土日や休日だけでも集中できるようスケジュールを調整することをおすすめします。

 

最後に、転職エージェントを利用している場合、スピード感を持って連絡のやりとりをすることです。

 

転職エージェントの多くは、連絡をとった日にちが早い人の方から最新の求人を紹介するというシステムを組まれています。

 

最新の求人を多く、早く紹介されることで転職の効率化が図れるので、転職エージェントからの連絡には、少なくとも24時間以内に返信するようにしましょう。

 

◉スピード感を持って進める転職活動は成功する

中途採用では、企業側が、いつまでに何人採用するという明確な期日を決めて採用活動をしています。

 

転職希望者は、仕事が忙しいことや転職活動自体なら慣れていないため準備に時間がかかってしまうこともあると思います。

 

しかし、せっかく転職しようと決意したならばその転職を成功させるためにもスピード感を大切に転職活動を進めることをおすすめします。

 

◉丁寧な支援で転職成功者が多い転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びも重要なポイントになります。

 

現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

皆さんの転職が成功することを願ってます(^^)