採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

採用担当者が教える!本当に転職するべき状況とは!?

スポンサーリンク

社会人として働いていると、一度は職場環境を変えるために転職するべきか悩む時があると思います。

 

しかし、転職はこれまでの時間の生活を変えるものであり、今後の人生設計も変えてしまうものでもあります。

 

そこで今回は、転職するべき状況とはどういう時かについて紹介したいと思います。

 

◉絶対に転職するべき状況

絶対に転職するべき状況とは何か。

 

実は絶対に転職した方が良い時というは、とて

もシンプルで下記の2点だけです。

 

  • 仕事環境が原因で体調不良を起こしている
  • 会社の業績が悪く自分の将来が危ない

 

私は企業の人事、採用担当者として働いていますが、友人や同僚から転職したいと相談される時には、この2点が考えられたらすぐに転職を進めます。

 

会社の業績が悪い時というのは、転職しなければ職を失うことや給料がまともにもらえなくなる可能性があるため、誰でも転職するべきだと思いますよね。

 

これと同じように、仕事環境が原因で体調不良が生じている時も、絶対に転職をするべき状況です。

 

体調不良とは、個人差がありますが、例えば、休日でも会社のことが気になってソワソワする、夜寝付けない、頭痛が継続しているなどの症状です。

 

これらの症状が見られる時には、すぐにでも仕事を休むことや一旦職場環境から離れることをおすすめします。

 

そして、もし体調悪い状況であっても転職活動ができる状態であれば、会社に席を置きながら転職活動をしてみることをおすすめしています。

 

その理由は、一度、離職してしまうと転職成功率がとても下がるということを知っているからです。

 

採用担当者同士の懇談会に行くと、体調不良で休職中の社員が転職活動をしていて復帰時期に退職したという話は良く聞く話です。

 

人事•採用担当者として、表向きは大いに賛成はできません。

 

でも私は、心の中でいつも「あぁ〜転職決まったんだ!賢い!良かった〜」と思っています。

 

私の会社では幸いなのか経験したことはありませんが、例え自分の会社の人が体調を壊して休職中に転職活動をしていても、同じことを思います。

 

だって、体調悪くした責任を会社はとってくれないですよね。

 

一生懸命働いて、真面目すぎるから家に帰っても仕事が頭から離れずに体調を壊してしまった人ですよ。

 

その人達に会社がしてくれることって、休職中の給料(傷病見舞金など)を支払うぐらいじゃないですか。

 

転職活動して、転職に成功した時には謝罪して見送るぐらいが必要だと私は思っています。

 

(ヒートアップしてごめんなさい)

 

そのため、絶対に転職すべき状況というのは、

会社が業績不振で自分の将来が危ない時そして職場環境が原因で体調不良が見られる時です。

 

次に転職した方が良い時について紹介したいと思います。

 

◉転職するべき時

転職するべき時はいつか。

 

転職したいと思った時はいつでもです。

 

このブログの一番初めにも書きましたが、今は転職するのが当たり前の時代です。

 

20代、30代、40代、

 

人間関係の改善、年収アップ、将来性の高い企業への転職、キャリアアップ、転勤がない企業

 

どんな条件でも、自分が転職したい!挑戦してみたいという時は、どんどん活動をしてみるべきです。

 

もちろん、転職する時には、内定がもらいやすい時期(景気など社会的情勢)があります。

 

そのため、より良い条件の企業へ楽に転職するためには考えて転職することが大切です。

 

でも、人間ですから、転職市場が良い時に転職したいと思うかどうかは分かりません。

 

( 私は上司から理不尽なことを言われたりミスして怒られるとすぐ転職したくなります 笑)

 

転職活動はしたからといって、何のペナルティーを受けることもありません

 

おすすめの時期はありますが、転職活動はモチベーションも大事なので挑戦したい!と思った時には始めてみても良いと思います。

 

◉丁寧な支援で転職失敗者が少ない転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びが重要なポイントになります。

 

しかし、現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

皆さんの転職活動が成功することを願っています(^^)