採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

合格率を上げる転職エージェントの賢い利用法

スポンサーリンク

一般企業における転職活動において、転職エージェントを利用していない人は、ほとんどいないと言えるほど、転職エージェントの利用が当たり前の時代になっています。

 

転職エージェントを利用する理由は、情報収集添削などのサービス利用など転職希望によって様々です。

 

転職エージェントの大多数は利用するのが無料なので、確かに利用した方がメリットが大きいと言えます。

 

しかし、ただ単に転職エージェントを利用した転職よりも、転職エージェントを自分の転職スタイルに合わせて効果的に活用した方が、転職を早く成功させることにつながります。

 

そこで今回は、転職エージェントの本当の活用方法について紹介したいと思います。

 

◉転職エージェントを効果的に利用するために必要なこと3つ

転職エージェントを自分の転職スタイルに合わせて効果的に利用するためには、下記の3点が必要になります。

  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 主に利用する転職エージェントを選別する
  3. 転職活動が上手くいかない時は他の転職エージェントに登録し直す

 

一つずつ解説したいと思います。

 

◉1. 複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを利用することにあたって重視することは、利用できるサービスの内容良いキャリアアドバイザーに出会えるかということです。

 

サービスに関しては、リクルートDodaなどの大手の転職エージェントの場合、大きな差はあまりありません。

 

しかし、応募書類の添削サービスの丁寧さや、面接対策を受けれる機会などには差があるので事前に口コミサイトなどを利用して情報を入手する必要があります。

 

良いキャリアアドバイザーと出会えるかということは、転職を成功できるかにも大きく関わってくるのでかなり重要なポイントです。

 

キャリアアドバイザーは、転職希望者に合った求人紹介だけでなく、選考が進むと面接スケジュールの調整や年収交渉までを担当してもらうことになります。

 

一つの転職エージェントへの登録では、自分と相性の合うキャリアアドバイザーと出会えない可能性もあるので、複数社への登録が必要になります。

 

◉2. 主に利用する転職エージェントを選別する

複数社の転職エージェントに登録したら、自分がどの転職エージェントをメインに転職活動をするか決めておくことも必要です。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職希望者の応募状況や連絡の頻度に応じて求人紹介の数や求人レベルを変えてきます。

 

そのため、あくまでも自分の中だけですが、登録した中から、メインの転職エージェントを決めておくことで、キャリアアドバイザーから良い求人紹介を受けることを維持することができます。

 

また一つの転職エージェントを集中して利用することは、スケジュール管理も楽になり転職活動の負担も減らすことができます。

 

メインの転職エージェント選びは、キャリアアドバイザーとの面談後、求人紹介の状況をみて判断するのが一番良いタイミングです。

 

キャリアアドバイザーの対応が自分と合うタイプか、そして求人紹介は自分が希望するレベルのものか種類は豊富かなどをよく検討し、選ぶことをおすすめします。

 

◉3. 転職活動が上手くいかない時は他の転職エージェントに登録する

転職活動がなかなか進まない場合、転職エージェントから紹介される求人が自分と合っていない場合もあります。

 

キャリアアドバイザーは、転職希望者との面談でのヒヤリングの結果から紹介求人を選びます。

 

そのため、面談で転職希望者が上手く希望を伝えられなかった場合や、キャリアアドバイザーの認識が違った場合、マッチした求人が紹介されない可能性があります。

 

もちろん、希望の求人がなかなか紹介してもらえない場合には、キャリアアドバイザーに要望をメールや電話で伝えることで改善されることもあります。

 

しかし、改善がみられない場合や、自分の転職条件を満たす求人が転職エージェント自体にあまりないと判断した場合には、他の転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

 

◉自分に合う転職エージェントを見つけることが一番の転職の近道

今回は、転職エージェントの活用法として、複数社へ登録する主に利用する転職エージェントを選別する上手くいかない時は他の転職エージェントにも登録し直すの3つを紹介しました。

 

自分の転職スタイルに合う転職エージェントを見つけることは、転職を快適に進めることにつながり、転職の効率化や条件アップの転職に成功させることにつながります。

 

転職活動を始めようとする時には、今回の記事を参考に自分に合った転職エージェントを探してみてください!

 

◉丁寧な支援で転職失敗者が少ない転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びが重要なポイントになります。

 

現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

皆さんの転職活動が上手くいくことを願っています(^^)