採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

転職活動がつらい時に試したい転職活動のやり直し方

スポンサーリンク

転職活動は、忙しくなり身体的につらいというだけでなく、自分のこれまでの社会人経験を評価されるため、精神的にもつらいと感じる時があります。

 

そして、転職活動がつらいと感じることが続くと転職自体をやめようかと悩む人もでてきます。

 

そこで今回は、転職がつらいと感じた時の解決方法について紹介したいと思います。

 

◉転職がつらい時の解決方法3つ

転職がつらいのは、自分が望む転職先が見つからない時や、選考が進まない時、内定がもらえない時などです。

 

そこで、これらを解決する方法には、下記の4点があります。

 

  • 悩むことをやめる
  • 応募書類を見直す
  • 面接対策をする
  • 新しい転職エージェントに登録してみる

 

一つずつ詳しく解説したいと思います。

 

◉悩むことをやめる

転職がつらいと感じる理由として多いのが、「忙しい」、「内定がなかなかもらえない」、「自分を否定された気持ちになる」というものです。

 

人は社会に出ると、働かなくては生きていけなくなるため、自分が一生懸命働き先を探しても見つからないと焦ったり、自分の価値が低いのではと思ってしまうことがあります。

 

しかし、採用担当者の経験から言うと、転職は運の部分も大きいものです。

 

自分の経歴や面接でのパフォーマンスが悪かったことだけが選考落ちする理由ではありません。

 

選考基準は、求人票に書かれているものだけでなく、社内の男女比や社風、その時の求人側の事情も大きく影響します。

 

どこも受からないのではないかと不安がることや、自分をどの企業も受け入れてくれないなどと悩む必要はありません。

 

「あの人、すごく良い人だったのに採用できなくて悔しい!」このようなことは採用担当をやっていれば何度も経験することです。

 

転職活動を開始したならば、自分を落とした企業のことは縁がなかったとだけ思い次を見るようにしましょう。

 

◉応募書類を見直す

転職活動がなかなか上手くいかずつらいと感じる時には、まず原点に戻るつもりで履歴書と職務経歴書を見直してみましょう

 

そして、自分の応募書類の写真や内容を客観的に見て、この人を採用したい!と思う書類か考えてみましょう。

 

当たり障りのないことばかり書いていてアピールポイントが上手く伝えられてない場合には、

自分の応募する企業の求人に合わせてアピールポイントを2、3点程度書類の中に加えてみることをおすすめします。

 

履歴書や職務経歴書はどこに出すのも同じ内容の人が多いと思います。

 

しかし、だからこそ、自分が強く希望する企業への応募時には求人に合わせて書類を修正することで、適正さや志望度の高さが伝わり、選考に通りやすくなります。

 

そして、書類選考がいくつか受かるようになると、つらいと思う転職活動も少し楽に感じるようになります。

 

時間と手間はかかりますが、転職がつらい時には書類の見直しをしてみましょう。

 

◉面接対策をする

せっかく面接をしても不合格になると、とても転職がつらく感じます。

 

面接は、ある程度慣れが必要になるものです。

 

特に志望度の高い企業の面接を受ける時には、スマホの録画機能などを活用しながら面接練習をしてみてください。

 

面接は、内容も大事ですが態度や面接官と目線を合わせることに気をつけるだけでも印象を良くすることができます。

 

自分が面接官からどのように見えているかも注意して対策してみてください。

 

◉新しい転職エージェントに登録してみる

色々やっても、転職がうまく進まずつらいという時には、新しい転職エージェントに登録しなおしてみることも良い方法です。

 

転職活動は、自分だけの力だけでなく転職エージェントで担当になるキャリアアドバイザーのスキルも影響します。

 

キャリアアドバイザーとの相性に問題ないと感じていても、転職の仕切り直しの意味で新しい転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

 

◉転職がつらい時でも工夫次第で、乗り越えられる!

熱意をもって転職活動を始めても、多くの人は転職活動がつらいと感じます。

 

つらい時には、もうやめてしまいたい。とも思うかもしれません。

 

しかし、今の職場に問題があると感じているのであれば、今転職をやめたとしてもまたいつか転職しなければならない時が来る可能性があります。

 

転職がつらい。やめたい。と思った時は今回紹介したように、まずは自分を責めたり悩んだりせず、もう一度新しいスタートを切るつもりで、書類の見直しやエージェントの切り替えなどをしてみてください。

 

何度も言いますが、転職は運の部分も大きいものです。

 

書類選考に通らないのも、面接で不合格となってしまうのもあなたの経歴やパフォーマンスだけのせいではありません。

 

少しでも、他の候補者よりも良いとされる結果を出せるよう工夫をし、前向きに転職活動を進めてみてください

 

◉丁寧な支援で転職失敗者が少ない転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びが重要なポイントになります。

 

しかし、現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

皆さんの転職活動が早くに成功することを、願っています(^^)