採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

転職成功者に聞いた!これをやって転職活動がうまくいった&やっておけばよかった6つのこと

スポンサーリンク

転職活動では、転職エージェントとの面談や応募書類の作成、面接対策など選考が始まる前から準備することがたくさんあります。

 

しかし、転職活動をするにあたっては、これらのような転職希望者全員が行う準備だけをしても、なかなか内定がもらえない人もでてきます。

 

そこで今回は、実際に企業から内定をもらった転職成功者達に聞いた就活をするにあたってするべきこと6つについて紹介したいと思います。

 

1.  自分のキャリアプランを考える

転職活動をするにあたっては、新卒での就職活動時にやったような自己分析をすることで、改めて自分の思考や興味があること、転職する業界や職種選びの参考にする人が多くいます。

 

自己分析の方法は様々ですが、これまで自分が生まれてから自分の周りで起きたエピソードを書き出し、それらの経験から自分がどのようなスキルを身に付けたか、どのような価値観を持つようになったかを分析していく方法が最もメジャーな方法だと言われています。

 

そして自分の歴史を振り返るとともに、自分の思考、短所や長所について改めて理解し、モチベーションを保ちながら長期的に働けそうな企業選択の材料として利用します。

 

この自己分析は、特に年齢の若い20代での転職希望者は転職活動をする時にするべき準備となります。

 

しかし、この自己分析だけでは、本当に自分に合う何百万という数ある企業から自分に合う企業を見つけだすのは不十分であるともいえます。

 

なぜなら、特に20代の転職では、自分のスキルより少し背伸びをした転職先に内定できる可能性が高く、またその後の自分の人生を大きく左右する、重要な転職だともいえるものだからです。

 

そこで必要となるのは、これまでの自分を分析することだけなく、今後の自分のキャリアプランを考えてその希望に合った企業を探すことです。


転職活動の準備をする際には、自己分析をするだけでなく、業界地図や四季報などの書籍を参考に自分で今の世の中の流れと今後の動きを予測すること、そして、今後自分が思い描く結婚や子育てなどのライフイベントについても考慮しキャリアプランを作ってみることをおすすめします。

 

2.SNSの設定見直し

これから転職活動を行う人が絶対に行うべきこととすすめるのがSNSの設定見直しです。

 

特に、本名で登録しているSNSがある場合や個人が特定されやすい情報が載っているSNSは一度設定を友人のみに公開や一時的に自分のみしか見られないような設定をすることをおすすめしています。

 

SNSの画像や書き込みから、採用で不合格となったという例は公にはなっていませんが、現実としてあります。

 

会社は、一度採用すると、その人が何か問題を起こしてしまった場合に責任をとる必要があるためリスク管理の一環として社内でもSNSへの書き込みの注意喚起を行っている企業は多くあります。

 

これから転職活動を行う人は、設定の見直しをすることをおすすめします。


3.資格取得をする

転職活動の面接では、「自己啓発を何かしていますか」という質問をされることがあります。

 

社会人は忙しく、転職活動を本格的に開始してから資格を取得するのは難しいと思います。

 

他の候補者とより差をつけたい人は、転職活動を始める前にTOEICなどの資格取得をして
おくことをおすすめします。


4.書類選考時に必要な照明写真を写真館で撮ってもらう

書類選考において、写真が重要であることは良く言われていますが、実際に転職に成功した内定者達もやっておいたほうが良いことの一つとして、証明写真は写真館で撮影してもらうと答える人が多くいました。

 

一般的に書類選考の写真で好印象を与える写真とは、光の加減が調度良く、明るい印象を与えるものや身だしなみが整って写っている写真です。

 

写真館で撮る写真は、プロが調整をしながら撮影をするので、不自然でない明るい印象の写真を撮影してもらうことができます。

 

また、身だしなみに関しては、写真家が整っているかを確認しながら撮影してくれるので安心して撮影をすることができます。

 

スピード写真より写真館で撮影する方がコストはかかりますが、焼きまわしなども簡単に依頼ができるので、転職活動の効率化にもつなげることができ、おすすめです。

 

5.  書類添削や面接対策のサービスをフル活用する

転職活動をするにあたって転職エージェントを利用すると無料のサービスとして応募書類の添削や面接対策を受けられる場合があります。

 

転職活動中は忙しく、時間をとれないという人もいるかもしれませんが、土日など休日でも対応している転職エージェントもありますので、転職の効率化を図るためにも利用をおすすめします。


6.  第一志望以外の企業の説明会や面接を受ける

転職活動で内定率をあげるためには、経験値が必要です。

 

実際に転職成功者の中には、何社が受験をしてようやく内定をもらい始めたという内定者も多くいます。

 

第一希望が明確に決まっている場合にも、他の面接を受けてみることをおすすめします。

 

◉転職を成功させるためには、工夫が必要

今回は、転職成功者に聞いたこれをやって就活がうまくいった&やっておけばよかった6つのことを紹介しました。

 

転職活動では、周りの全ての転職希望者がライバルとなり、限られた求人の枠を勝ち取るために様々な努力をそれぞれの転職希望者が行っています。

 

他候補者と少しでも差をつけ、有利に転職活動すすめられるよう今回紹介した転職活動の準備に必要なことをやってみてください!

◉丁寧な支援で転職失敗者が少ない転職エージェント

転職活動の負担を減らし、スムーズに転職を進めるには、転職エージェント選びも重要なポイントになります。

 

しかし、現在は、転職エージェントが数多くあり、転職未経験者の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは短期間での転職成功者が多くおすすめな転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

今回紹介した記事を参考に、負担の少ない転職活動をしてみてください(^^)/ 

皆さまの転職活動が成功することを願ってます!