採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

採用担当者も思わず「残念な人」認定する転職希望者とは!?

スポンサーリンク

社内での成績が良く、周りの人からも評価が高い人でも、転職の書類選考や面接時に「残念な人」と判断されてしまうとその印象だけで不合格になってしまいます。

 

人事担当者として採用活動をしていると、「残念な人」には良く出会い、その人の本来の力を見極める前に合否の判断を出してしまうことがあります。

 

そこで今回は、人事の本音として、「残念な人」とはどんな人かについて紹介するとともに、「残念な人」にならないための方法について紹介したいと思います。


◉いつもの自分より少しレベルアップしたキャラクター作りが必要

人事担当者が転職希望者を残念な人と感じることが最も多い場面は、面接の場です。

 

面接時には、人事担当者と転職希望者が直接的に顔を見合わせて会話をするので、その時の言動が履歴書のイメージとかけ離れていた場合や、落ち着きのない様子を目にすることで、「残念な人」と認定されてしまいます。

 

また、面接時にあまりにも普段の同僚達と過ごしている時と同じような様子の場合には、「緊張感がない」や「うちが第一希望ではないので気を抜いているのではないか」といった評価をすることがありますが、逆に不自然なキャラクター設定をしてくる転職希望者が多すぎて困るというのも人事の本音の部分であります。

 

不自然なキャラクター設定というのはつまり、いつもの自分ではなく、その人が考える応募企業でも使えるスキルをいくつも持つ理想的なキャラクターです。

 

面接を受ける時に、転職希望者がそれなりの準備をしてきて話をしていることも、いつもより良い人で仕事ができるキャラクターを演じていることは人事担当者も分かっています。

 

しかし、普段の自分とあまりにもかけ離れたすごい人のキャラクター設定をしてしまうと、その後の質問での具体性のなさから残念な人評価され不採用になってしまう場合もあります。

 

では、どのような自分で面接にいどむべきか

 

それは、普段の自分とかけ離れすぎていないが、いつもの自分よりは少しレベルアップした自分を目指すべきだと思います。

 

そして、特に自分がアピールしたいスキルや経験がある場合には、その質問での回答でよくアピールできるよう具体的な回答を準備する必要があります。


◉履歴書や職務経歴書は等身大の自分でより具体的に書く

前の項で、面接時に自分のことをいつもより何倍にも割り増ししたような回答をすると、逆に残念な人になってしまう危険性があることを書きましたが、応募時の履歴書や職務経歴書も同じです。

 

嘘はもちろん犯罪になりますので禁止ですが、誤解を招くような書き方もしないように気をつけましょう。

 

履歴書や職務経歴書に書かれている内容と、面接での話にギャップがある場合にも、残念な人と認定されてしまいます。

 

また、最近多いのが、写真の加工をしすぎている残念な人です。

 

特に女性の場合は、顎のラインをシャープにするなどをすることでほっそりした印象にしようとする人がいますが、会社の採用では、健康的な人の採用が重視されますのでむしろマイナス評価につながります。

 

この他にも過度な加工が発覚した場合、書類選考時の時点で、信頼できないなどの理由から不合格とする場合がありますので、気を付けてください。

 

そして、履歴書や職務経歴書において残念な人とされてしまうケースで最も多いのが、記入事項が抽象的すぎる人です。

 

せっかく良い経験をしていても、抽象的な表現ばかり使われていると、信頼性やその結果に至るまでの努力が伝わらず、不合格となってしまいます。

 

自分に誇れる経験を書く時には、できるだけ具体的に「色々な~」や「様々な人と~」などの表現をできるだけ避け、だれが読んでも伝わるような言い回しで記入するようにしましょう。

 

◉自分が人にどの見られているか客観的に理解することが必要

中途採用において残念な人として判断してしまう要因として、人事担当者の本音を言うと「全体的の印象が悪い」ということがあります。

 

全体的な印象とは何かというと、それは履歴書や職務経歴書、面接での受け答えだけでなく、その人の歩き方や姿勢、コミュニケーションにおける特徴のなど印象が含まれます。

 

転職希望者に内定をだすことは、将来的にその人と同じ会社の仲間として働くことになります。

 

そのため、転職希望者はただ優秀であれば良い訳ではなく、一緒に働いてみたい人であるかという判断もしなければなりません。

 

中途採用において残念な人の印象を与える要因としては、下記のポイントがあります。

 

履歴書、職務経歴書の字が汚い
・書類の渡し方が雑
・挨拶の声が小さい
・目を見て話しをしていない
・笑顔が少ない
・コミュニケーションにおける間の取り方に特

    徴がある

 

これらのポイントは、実際に人事担当者の会議であがったことのあるポイントであり、毎年のようにこれらの要因で書類上では優秀な転職希望者が残念ながら不採用となっています。

 

転職活動をする際には、応募書類をできる限り丁寧な字で書くことに気を付けるとともに、面接対策として自分の面接練習の様子を録画し客観的にどうみえるかを一度確認することをおすすめします。


第二新卒での転職活動以外の場合は、応募書類はパソコンでの作成でも問題ありません。)

 

また、普段から表情が乏しく人前で笑顔になることが不得意な人は、まず歯を見せて笑顔をつくる練習を鏡で見ながらしてみてください。

 

印象は笑顔があることだけで大きく変えることができます。

 

転職活動をすると時には、自分の経験や能力以外の部分でマイナス評価を受けないように、一度自分自身を客観的にみてみることもおすすめします。

 

◉しっかりした面接対策が受けられる転職エージェント

転職での内定率アップを自分の力だけで行うのは、大変な努力が必要になります。

 

そんな時におすすめなのが、転職エージェントの応募書類添削や面接対策のサービスを利用することです。

 

現在は、転職エージェントが数多くあり、特に転職に慣れていない人の場合には、どの転職エージェントを利用するべきか悩んでしまうと思います。

 

そこで、ここでは丁寧な支援をしてくれて、かつ、しっかりした面接対策をしてくれる

転職エージェントとして、下記3社を紹介します。転職活動の参考にしてみてください。

 

☆下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

 

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

 doda  

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

☆転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。面接対策を受けた転職希望者の内定率アップの実績も高く、利用することでメリットの多い転職エージェントです。

 

マイナビ

 ↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 ☆マイナビは、他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、特に初めての転職者に人気な転職エージェントです。スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援を開始してもらえるので、転職活動に対する不安を含めてキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。新卒採用でも有名な企業であることから、面接対策では、挨拶やマナーといった基本編からしっかり教えてもらうことができます。

 

 パソナ 

↓下の青字を押すと公式のサイトに行くことができます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナは地方を含めた全国勤務での求人が豊富で、求人紹介数も多いことで人気な転職エージェントです。特に登録後は面談の前にヒヤリングシートの記入をし提出するようになっているため、初回面談当日に自分の希望条件にあった求人紹介を受けることができるというのもおすすめな理由です。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。面接対策は一人一人に時間をかけて何度でも受けることができます。特に、転職に慣れていない人は是非登録をおすすめする転職エージェントです。

 

皆さんの転職活動が成功するものになることを願っています(^^)