採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

よくある転職失敗談4選とその解決法

スポンサーリンク

転職をしたことがある人の話を聞くと、転職を失敗してしまったという声を聞くことがあります。

 

働きながら転職活動を頑張り、せっかく転職が決まっても転職に失敗してしまうなんて最悪ですよね。

 

今回は、転職で失敗する人が少なくなるためにも実際に転職に失敗した人の例を紹介したいと思います。

転職で失敗したと感じる理由

人が転職活動をするのには様々な理由があるように、転職を失敗してしまった!と感じるのにも様々な理由があります。

 

そこで今回は、転職に失敗したと感じる理由で多いものを紹介し、将来的にまた転職をする危険性レベル(5段階)の高い失敗かについてや対策についても紹介したいと思います。

 

転職で失敗をしたと感じる理由として多いのは下記の4点です。

  • 年収が下がってしまった
  • 求人掲載の仕事内容と実態が違った
  • 転勤になった
  • 人間関係に問題のある職場だった

それぞれ具体的に説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

転職失敗例その1「年収が下がってしまった」危険度3 

転職後に、転職経験者が転職を失敗したと感じる時で一番多いのは、年収が下がってしまうことです。

 

転職活動時に、転職希望者は求人票の年収項目を確認します。

 

しかし、中途採用では、様々な年代や幅広いキャリアの人が求人に応募をする可能性があるため、実際の求人票には新卒者の年収や400万円以上などのおおよその年収しか記載されていないこともあります。

 

このような場合、転職希望者は内定が出た時点で初めて自分の年収を知ることになります。


その時に、たとえ転職活動を開始した時点で、年収アップを目指して転職をしていたとしても
転職活動つらいな」という気持ちや、「せっかく内定をもらったのだから断るのはもったいない」などの気持ちが少しでも生じてしまえば、年収が下がっても承諾してしまう危険性があります。


また、人間関係など職場関係に問題があり転職を希望している人の場合には、転職のゴールを転職することとしてしまっている人も多いため、年収を下げてでも入社することを決めてしまうケースが多くなりやすい傾向があります。

 

自分が未経験の職種だけど挑戦したいと考えて転職する場合や、今の職場環境では自分の体調を壊してしまう可能性があり、いち早く環境を変える必要がある場合の転職では、年収を下げてでも転職をする必要があると思います。

 

しかし、年収はその人や家族の今後の生活にも関わってくるため大きな転職条件の一つであり、転職経験者が最も後々になってから後悔する条件でもあるため、より慎重に、良く見極める必要があります

 

将来的にまた転職を考える事態においこまれないためにも、転職活動中には入社後の想定年収を必ず確認し、自分のライフイベントも考慮して冷静に判断するようにしてください。

転職失敗例その2「求人票の仕事内容が実態と違った」危険度4

求人掲載の仕事内容と実際に仕事で任されることになった仕事が違ったという転職失敗談も良く聞く例です。

 

一般的に企業では求人票を作成する際に、作成を担当する人事が求人中の部署に、仕事内容の確認を行います。

 

しかし、企業によっては、部署と人事との連携が上手くいっておらず、面接や最悪の場合には入社した後に、担当する仕事内容に違いがあることが発覚するケースがあります。

 

また、悪質な企業の場合には、求人票では簡単な仕事内容だけを記載し、入社後に多忙を極める業務を任せるといったケースもあります。


以前の記事でも記載しましたが、求人票の作成が誠実でない企業ブラック企業である可能性があります。

 

応募前や面接時点で求人票の仕事内容に疑問を感じた場合には、必ず転職エージェントなどを通じて確認するようにしてください。

 

また、悪質な企業の場合、同じような被害にあった転職経験者も多い可能性があります。


ネットの口コミサイトなども活用し、自分が応募する企業の求人について書き込みがないかを確認するだけでも被害を回避できますので、一度確認するようにしてみてください。

スポンサーリンク

 

転職失敗例その3「転勤になった」 危険度2

求人票掲載の勤務地ではない勤務先に入社時点で転勤になることは、法律でも引っかかってくるため、まずありませんが、入社1年未満で転勤になってしまったという転職失敗談は意外と良く聞く失敗例です。

 

前項の仕事内容の違いもそうですが、転職希望者に転勤の可能性があることを伝えずに内定を出す企業はブラック企業である可能性があります。

 

転勤は悪いことではありませんが、転職希望者とその家族の今後の人生を左右するものなので、転勤が今後あるのかについても応募前や面接の時点で確認することをおすすめします。

転職失敗例その4「人間関係が悪い職場だった時」危険度2

転職先の職場で、人間関係が悪かったという意見も良く聞く転職失敗談です。

 

人間関係に苦しんで転職した人にとっては、とても悲しい現実ですよね。

 

しかし、自分が所属する部署の人間関係というのは、ずっと同じ会社に所属していても異動などで起きやすい職場のトラブルです。

 

人間関係に問題がある会社は絶対に嫌だという人は、まず転職先選びの時点で、人数の少ない職場家族経営の会社を避けるようにしてください。

 

人数が少ない会社(100人以下ぐらいが目安です)場合、人の入れ替わりが少ない分、パワハラ上司やトラブルを起こしやすい人がいてもなかなか移動がなく、自分が人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

また、家族経営の企業の場合には、問題が生じても対応してくれないケースがあります。

 

そのため、人間関係に問題がある職場を避けるためにも、人数の少ない職場や家族経営の職場は避けるようにしてください。

 

また、この他にも人間関係が悪い職場を避ける方法として有効な方法を下記にあげます。

  • ネット上で社員からの口コミを確認する
  • 前任者の退職理由を確認する
  • 求人が何度もでているか確認する
  • 面接時に社内の雰囲気を確認する

人間関係の悪い職場に転職してしまうのは、誰もが避けたい転職ですが、実際には運な部分もあります。

 

大きな会社に入れば3年程度もすれば異動などでまた環境などが変わる可能性もありますが、できれば仕事以外のストレスを抱えない職場に転職したいというのが転職希望者の本音だと思います。

 

転職に失敗したと感じないためにも、当日の面接時でも職場の雰囲気についてや自分の上司となる人のキャラクターについて冷静に観察するようにしてください。

転職に失敗したと感じる人は意外と多いのが現実

転職市場が活発化している現代では、転職をする人は多くいます。


しかし、転職経験者の中には、転職を失敗したと感じている人が意外と多いのも現実です。

 

実際に、転職した後にも転職サイトへの登録を続けている人や、入社1年未満で転職エージェントに再度転職の依頼をかける人がいます。

 

職場の環境を変えて一からやり直したい!と感じることや、転職で新しい職種にチャレンジしたい!という願望をかなえるために転職活動をすることには大いに賛成します。

 

しかし、転職は失敗してしまう人もいるということを頭のどこかで覚えておき、失敗をしないために転職前に正確な情報を集めることや、転職することのメリットデメリットについて冷静に判断する気持ちが大切なことを忘れないでください。

 

皆さんが今抱えている職場での不満を解決する転職先は、日本全国探せば必ずあるはずです。

 

転職活動は大変ですが、転職に失敗し将来的にまた転職をする事態を回避するためにも、今回紹介したようなポイントに気をつけて転職活動をしてみてください。

丁寧な支援で人気の高い転職エージェント

転職で失敗しないためには、転職支援が丁寧で求人に関する情報収集をしっかりおこなっている転職エージェントを利用する必要があります。

 

ここでは、転職成功者の多いエージェントとして、下記の3社を紹介します。

 

f:id:Nami88:20200519155757p:plain

f:id:Nami88:20200519163613j:plain <引用:doda公式サイト>

大手企業の求人数が業界トップクラスであることから人気の転職エージェントです。

業界ごとに担当者が分かれており、企業の深い情報を知る担当者がスピード感もって支援をしてくれます。

大手企業に早く転職したい!という人におすすめの転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519164533p:plain

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

f:id:Nami88:20200519171418p:plain

f:id:Nami88:20200519164624j:plain

<引用:マイナビジョブ20's公式サイト>

初めて転職活動をする人や、20代の転職者には、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

新卒採用も行なっているマイナビは他の転職エージェントより、丁寧で優しい担当者が多い特徴があります。

応募書類の添削や面接指導も徹底的に行ってくれるので、手厚いサポートをして欲しい方には特におすすめな転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519171448p:plain
公式サイト:20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

f:id:Nami88:20200519160140p:plain

f:id:Nami88:20200519164911j:plain

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、初回から紹介してくれる求人数が多いことでも人気な転職エージェントです。

また、転職成功者が多く、これまでの実績をもとに、面接対策や企業側に対する年収交渉をしてくれます。

転職で年収アップめざす人に特におすすめな転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職エージェントは、担当者によって紹介の質に差がでてくるので、2~3社の登録をすることをおすすめしています。

ぜひ公式サイトを確認し、自分にあった転職エージェントに登録してみてください。

スポンサーリンク