採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

転職の選考におけるTOEICのリアルな評価

スポンサーリンク

転職活動をするにあたって、資格を取得していた方が有利になりやすいという話は聞いたことがありますよね。

 

社会人になってから取れる資格には色々ありますが、転職する職種を問わず人気な資格としてはTOEICがあります。

 

しかし多くの人が取得している資格だからといって、TOEICは誰もが簡単に高得点を取れる資格ではなく、勉強に費やす時間も割とかかります。

 

そこで、今回は採用担当者として感じている転職におけるTOEICの有効性について紹介したいと思います。

 

      【目次】

TOEICが必須条件なのは一部の職種だけ

まず抑えておきたいのが、TOEIC受験の重要性については社内でも意見が分かれるものということです。

 

もちろん、英語を使う部署の場合にはTIEIC何点以上などと規定が決まっていることがあります。

(一般的に700点以上が良いとされています。)

 

また、昇格のためにTOEICの受験が必要な場合もあります。

 

しかし、TOEICを一度受けた人であれば知っているかと思いますが、TOEICは点数が高くてもビジネスで通用するレベルの英語力があるとは言えません

 

ある一定のリスニング力、読解力はありますが、TOEICはトレーニングすればある程度の点数が取れてしまうものであり、実際の英語力は分かりません。

 

そのため、TOEICは海外事業部など英語を実務で使用する部署では必須とされていますが、他の部署でTOEICを受けていないからといって転職で不利になることはありません

 

TOEICの高得点は転職で有利になる

前項で転職においてTOEIC受験を必須とする部署はあまりないという説明をしましたがTOEICで高得点を持っていることは、転職で有利になる場合は多くあります。

 

実際にTOEICが転職で有利になるケースは下記のような転職においてです。

 

  1. 外資系企業への転職
  2. 20代などキャリアの浅い時点での転職
  3. 海外事業部など英語を利用する部署がある企業への転職

 

一つずつ解説したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

TOEICの有効性① 外資系企業への転職

日本には医療業界をはじめ多くの外資系企業があります。

 

外資系の企業への転職は、年収アップが狙える転職でもあるため人気が高く、また若手だけでなく、30代、40代の転職希望者でも挑戦できる求人でもあります。

 

外資系企業で働くと聞くと、英語を使って仕事をすると勘違いする人が多いですが、日本の外資系企業には、日本語だけを使用して働くことがらできる企業がたくさんあります。

 

そのため、外資系企業であっても入社時点でTOEICの点数は必須条件としてない会社が多くあるのです。

 

しかし、やはり40代、50代と年齢を重ね昇進していくごとに本社の人との関わりも出てくるようになり、テレビ会議などの場面で英語が必要となる場合があります。

 

そのため、外資系企業への転職の場合にあらかじめTOEICで高得点を持っていると他の候補者より有利に転職を進めることができます。

 

スポンサーリンク

 

TOEICの有効性② キャリアが浅い時点での転職

20代での転職の場合、キャリア自体が浅く職歴でのアピールポイントが少ない場合があります。

 

実際に、20代の採用では、これまでの社会人経験の中でどんな実績を出してきたかだけでなく人物像も重視した採用がされる傾向があります。

 

そのため、20代をはじめキャリアが浅い人の場合には、TOEICといった将来的に仕事に活かせるであろう資格を取得しておくことで仕事での実績以外のアピールポイントを作ることができるのです。

 

また、TOEICで高得点を出しているというだけでなく、継続的にTOEICの受験をしている人物の場合には、自己啓発での評価も高くなり転職では有利になります。

 

TOEICの有効性③ 英語を利用する部署がある企業への転職

今の日本社会では、多くの企業が海外事業部など海外との取引をする部署を設けています。

 

そのため、結果的に大きい企業へ転職を目指すのであれば将来的に自分がその部署に配属される可能性もゼロではありません。

 

TOEICで高得点を取得していることは、今後の自分が他の職種で働くことになってもある程度の準備ができているというアピールになり、転職で有利になります。

 

TOEICは取得しておいた方が有利

今回は、TOEICで高得点を取得していることが転職で有利になるかについて紹介しました。

 

実際に私が中途採用の担当をしていても、TOEICの受験をしてことがないからといって不利な評定をつけたことはありません。

 

しかし、逆に最終的に2人の候補者が残った時に時にはTOEICの点数が高い方を採用したという経験は何度かあります。

 

記事の中で、TOEICができるからといって英語が喋れる訳ではないことは周知の事実だということをお伝えしました。

 

しかし、やはりTOEICのように継続的に努力が必要になる資格を取得している人は、学力面だけでなく採用後に一生懸命働いてくれる人材として人物評価が高くなる傾向があります。

 

英語の勉強が苦手な人は無理に取得する必要はありません。

 

外資系企業を目指す場合や少しでも転職を有利に進めたい場合にはTOEICを受験してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク