採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

営業の面接で言うと選考落ちする!?営業面接を突破するノウハウ

スポンサーリンク

営業職の面接は、他の職種の人より全体的にレベルが高いのをご存知でしょうか。

 

どの企業の採用担当者でも営業マンの採用面接では最終的に内定者をどの人にするか悩んだ経験があると思います。

 

営業マンは知らない相手に対し自分の会社の商品をアピールすることが仕事です。

 

そのため、面接でも自分を売り込むことが非常に上手く、面接官を悩ませる職種でもあるのです。

 

そしてライバル達のレベルが高い営業マンの面接では、選考落ちしないために言ってはいけないことがあります。

 

そこで今回は、営業の面接で言ってはいけないことについて、実際にあった例も紹介しながら解説したいと思います。

 

◉営業の面接で言うと選考落ちすること

営業の仕事は、ただ単純に商品を売るだけではありません。

 

商品を売るために、取引先や代理店との関係構築をすることや、将来的に商品を売るための下地づくりをする必要があります。

 

そのため、仕事は多岐に渡り常に忙しいという特徴があります。

 

また、会社側はより良い営業マンを育てるために、様々な経験を身につけさせようと考えるため、配置転換や研修などを頻繁に行わうようにします。

 

それらを踏まえた上で、営業の面接で言ってはいけないこととは、下記のようなものがあります。

 

  • ネガティブ思考な回答
  • 体調に心配する点がある
  • 人間関係トラブル
  • 転勤が難しい
  • 飲み会には参加できない
  • 体ネガティブ思考な回答

 

ざっと挙げてみると、他の職種の面接でも言わない方が良いのではないか?と思いますが、営業の面接だからこそ言ってはいけない理由があります。

 

このように例をあげると、「言わないよ〜」と思っていても、実際の面接の場ではこれらのことを違うニュアンスで言ってしまっている人がいるのが実態です。

 

上のような例を営業の面接では、なぜ言ってはいけないのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

◉営業の中途採用では即戦力が求められる

営業の中途採用では、会社に利益をもたらせてくれる即戦力が求められています。

 

そのため、上の例であげたようなネガティブ思考な回答体調が悪いような発言をすると、すぐに会社に貢献できるような準備が精神的にも身体的にもできてないと判断されてしまいます。

 

ネガティブな発言は、自分を否定的に捉えている発言だけでなく、謙遜からの発言でもネガティブな発言だと思われてしまうことがあります。

 

例えば、せっかく良い実績を出していても、周りの人のおかげですとか、たまたま成果が出せただけです、といった発言をしてしまうと自信がなくネガティブな発言と捉えられてしまいます。

 

営業の人は、面接では少し強気で自信に満ちているぐらい余裕をもって受けるのがおすすめです。

 

◉営業の面接では人間関係トラブルについて言ってはいけない

中途採用では、前職の退職理由が必ず聞かれます。

 

厚生労働省の調査でも明らかになっているように、転職の理由が人間関係トラブルの人は多くいます。

 

しかし、営業の仕事は、取引先の人や社内の人間と信頼関係を築くことで売上につながることが多くあります。

 

そのため、営業の人は特に面接で人間関係トラについては言わないようにしましょう。

 

また、上司からのひどいパワハラが原因で転職した場合で、どうしても転職理由でそれを言いたい場合には、事実だけを伝えるようにし、自分の感情を言ったり悪口に聞こえるようなことを言うのは避けましょう。

 

理不尽なパワハラで転職することになった人には納得がいかないかもしれませんが、営業職の面接で上司に対する不満を言ってしまうと自分がマイナス評価を受ける可能性があります。

 

これ以上、損や悲しい気持ちにならないためにも、面接では大人の対応をすらようにしましょう。 

 

◉絶対に無理なこと以外は拒絶する表現を使わないこと

前までの項の例に加えて?営業職の面接をしていて、マイナス評価を受けやすいのが、営業職の面接で「〜は無理です。」「難しいです。」といった表現を使うことです。

 

営業の面接でマイナス評価を受けやすいのが、下記の2つです。

 

  • 転勤が難しい
  • 飲み会参加は難しい

 

私個人としては、問題ないと感じますが、営業部門の面接官は、これらの回答をとても嫌がる傾向があります。

 

会社が全国的にある場合、転勤はどの職種でもありうることですが、営業は特に転勤が多い職種です。

 

転職してすぐに転勤がなくても、数年後には転勤になる可能性があるので、個人的な理由などでどうしても無理な場合以外で無理だと言うのは避けることをおすすめします。

 

逆に、どうしても転勤が難しい場合には、勤務地が地域限定の求人や、初めから転勤がないことが明記されている求人に応募するようにしましょう。

 

次に、飲み会ですが、これも営業であれば避けられないものです。

 

特に日本の企業では、飲み会を大切にする文化がまだ残っていることに加え、日常の業務で外出していることが多い営業は、帰社してから飲み会に誘い上司がコミュニケーションを取ろうとすることがあります。

 

そのため、例えお酒を飲んだり、プライベートの時間を潰されるのが嫌だと感じでも、飲み会へや参加に対する質問には、「参加できません」ではなく、「得意ではありません」ぐらいのニュアンスにするようにしましょう。

 

⚠︎お酒が得意でないことを伝えるのは問題ありません。きちんと伝えることが大切です。

 

◉営業の面接では言ってはいけないことが多い

今回は営業の面接で言ってはいけないことを様々な例を用いて紹介しました。

 

営業は会社の花形でもあり、転職市場ではいつも人気の高い職種です。

 

そのため、営業の面接はレベルがグッと上がってしまい、マイナス評価を受けないためには、今回紹介したように言ってはいけないことを多くあります。

 

自分の絶対に譲れないことは、営業の面接でもきちんと伝える必要があります。

 

しかし、そうでもないことや何となく嫌だと感じるレベルのことは、誤解がないよう伝える工夫をするようにしましょう。

 

◉面接支援に強いエージェント

面接が苦手という人は、面接練習が実際に面接で聞かれること、面接官についての情報を教えてくれるdoda(公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは? を利用することをおすすめします。

 

★dodaは転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多く人気が高いエージェントです。

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。

 

営業の面接が不安な人はぜひ参考にしてみてください(^^)/

スポンサーリンク