採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

教師から一般企業への転職、年収比較やデメリット、転職先を紹介

スポンサーリンク

最近では教師から一般企業へ転職する人が増えてきました。

 

しかし、サラリーマンに比べると転職者の割合が少ない教師の業界では、転職に関する情報を集めにくく、「どのように求人を探すのか」や「転職活動をしていることバレないのか」、「年収は下がるのか」など様々な心配がでてくると思います。

 

そこで今回は、教師から一般企業への転職を目指す人に向けて、一般企業へ転職するデメリット受かりやすい転職先、年収などについて紹介したいと思います。

 

           【目次】

 ⇒転職ノウハウの記事一覧はこちら

 

教師から一般機業へ転職する理由  

教師の資格は大学で取得します。

 そのため、教師になる人は高校時代から教師という職業に憧れて大学で免許を取り教師になった人が大半を占めます。

 

そして大学に進学すると、教師になるために、教育課程を履修しながら塾でアルバイトをしたり教育実習をするなど学生のうちから様々な努力をします。

 

しかし、そんな教師の人達でも、就職してから教師の仕事が嫌になり、一般企業で働きたいと考えることが多くあります。

 

その理由は、主に下記のような理由があります。

 

  • 残業が多い
  • プライベートがない
  • 年功序列の昇格でモチベーションが下がる

 

以前、教師の長時間労働が問題となったことがありますが、教師は想像以上に拘束時間の長い職種です。

 

しかも、残業代という概念があまりないため、時間外に会議や生徒対応をしてもお金が支払れないことが当たりまえとされています。

 

また、最近ではスマホの普及に伴い、どこに行っても生徒に会うと写真を撮られてしまうことや、SNS上に情報を漏らされてしまうことがあり教師のプライベートは守られていない状態になっています。

 

そして、教師から一般企業への転職を希望する理由として多いものとして、年功序列の昇格でモチベーションが下がることもあります。

 

公務員などでもありますが、教師の世界も年功序列です。

 

そのため、特に若い教師は、忙しい部活を任された上に様々な行事の係を任されても給料が上がることはありません。

 

また、仕事をしない人、仕事ができない人は授業以外の仕事は任されずに、仕事をする人だけ仕事を任されるような職場さえあります

 

せっかく教師という職業に憧れ、資格を取って就職しても、上のような状況を目の当たりにすると一般企業で働きたいと考えるのは当たり前のようにも思えます。

 

教師の職場は、人数も少なく狭い世界です。

 

そして、いつも授業や生徒対応に追われ、各職場で教師の働き方について話し合われることなどもほとんどないのが実態です。

 

これらの要因が積み重なり、なかなか改善もされないため、今後も教師を辞めた一般企業で働き始める人が増加していくことが残念ながら予想されています。

 

一般企業へ転職するメリット・デメリット

教師から一般企業へ転職するメリット・デメリットを紹介します。

 

一般企業へ転職するメリット

教師の働く環境は、昔から時間外労働や休日返上の仕事があること、最近ではSNSの発展によりプライベートも気が休まらないことなどから年々悪化しているとも言われています。

 

実際に、教師のうつ病発症者は年々増加しており対策が急がれています。

そんな中、教師から一般企業へうつる人も年々増加傾向にあり、メリットが多いことが分かってきています。

 

教師から一般企業へうつるメリットとして、意見が多いのは下記のようなメリットです。

 

  • 仕事のオンオフがつけられる
  • 給料が上がった
  • 視野が広がる
  • 仕事の範囲が明確になる

 

一つずつ解説したいと思います。 

 

メリット①仕事のオンオフがつけられる

教師の仕事は、職場だけで終わりません。職場で授業や担当クラスの庶務、部活動の指導をした後に、自宅に帰ってからは授業準備をする必要があります。

 

また、生徒や親からの問い合わせや相談があった場合には、休日でも対応する必要があります。

 

このような環境から、教師は平日、土日ともに仕事のオフモードにならずにストレスを溜め込みやすいと職種だと言われています。

 

こんな教師の職種から他の職種へ転職した場合の大きいメリットとして仕事のオンオフがつけられるというメリットがあります。

 

一般企業の場合には、一部ブラック企業なども存在しますが、一般的に仕事が終われば家に帰ってから仕事をすることはほとんどありません。

 

また、休日もきちんと休みを取ることができるため、仕事のオンオフはつけやすくなりメリットが大きいと言えます。


メリット②給料が上がる

教師を辞めて一般企業で働く人の中には給料が上がったという人が多くいます。

 

教師は、もともと給料が低い職種ではありません。

 

しかし、残業代が出ないことを始め、部活動指導もほとんど給料が発生しないため、労働時間に対する対価は低いとされています。

 

一般企業でしっかり働き、残業代ももらえば教師で働くよりも給料が高いというのは納得でき、これも教師から一般企業で働く大きなメリットと言えます。


メリット③視野が広がる

教師を辞めて一般企業で働き始めた人の多くが言うのが、視野が広がるということです。

 

教師の職場を想像すれば何となく理解もできますが、一般企業に比べ働く人も関わる人も少なく、とても狭い世界です。

 

そのため、その職場に根付いた文化が強く、何事を決めるのにも、視野が狭い意見しか出ないことがあります。

 

教師から一般企業で働くことで、色々な意見を持つ人と関わることができ、自分の成長にもつなげることができます。


メリット④仕事の範囲が明確になる

これも教師を辞めて一般企業で働く人から良く聞く意見ですが、教師の仕事の範囲はその職場でとても曖昧な線引きがされています。

 

そのため、前の記事でも紹介しましたが、給料などは年功序列であるのに、仕事をする人は仕事を多く振られ、仕事しない人は授業と簡単な雑務しかしなくても良いような状況になることが多々あります。

 

一般企業でも、仕事を人より振られてしまう場面はあります。

 

しかし、多くの一般企業では、その人の職階に応じて決められた仕事の範囲があるので、それ以上レベルの高い仕事を任せられることはありません。

 

仕事の範囲が明確になることは自分である程度仕事の優先順位や取り組み方を考えながら回していくことができるのでストレスを溜めずに仕事をすることができるメリットがあります。

スポンサーリンク

 

一般企業へ転職するデメリット

教師の労働環境は、残業代がでないことや部活指導がありストレスが溜まりやすい環境であることを前の項で伝えました。しかし一方で教師の職場は、一般的な企業の職場に比べとノルマなどがなく優しい雰囲気であるという特徴もあります。

 

そのため、教師から他の職種へ変わることで、下記のようなデメリットを感じる人もいます。

 

  • 人間関係で問題を抱えやすくなる
  • 過程より仕事に対する成果を求められる
  • パソコンのスキルを上げる必要がある
  • 転勤がある

 

一つずつ解説したいと思います。

デメリット①人間関係

教師の職場でも、人間関係で問題を抱えることはもちろんあります。

 

しかし、一般企業では、定期的な異動などから人の入れ替わりが激しく、様々な人と仕事をする機会が増えてきます。

 

また教師の職場に比べて、一般企業は慌ただしく日頃からストレスを抱えている人も多いため上司や同僚から理不尽な不満をぶつけられることも出てきます。

 

そのため、 自分の上司や同僚との人間関係で悩む人は多く、教師から他の職種へ変わるデメリットに感じる人も多くいます。

デメリット②成果を求められる

教師の仕事は、生徒に関わることが大部分を占めているため、何事にも過程がとても大切にされます。

 

しかし、一般企業での仕事は、成果が第一であり、どんなに誠実に一生懸命取り組みをしても、成果が伴っていないと良しとされません

 

その辺りでは、教師から一般企業へ転職した人からすると、とてもシビアな環境に思え、職種変更するデメリットに感じる人がいます。

デメリット③パソコンのスキル

教師の仕事でもパソコンを使う機会は多くあります。

 

しかし、一般企業では、ただ単純に文書や表を作成するのではなく、大量のデータから数値を分析したりグラフ化するような仕事がどの部署でもあります。

 

そのため、教師から一般企業へうつった場合、パソコンスキルを上げるために、自分で勉強する必要があり、デメリットに感じる人もいます。

スポンサーリンク

 

デメリット④転勤

教師から一般企業へうつる場合のデメリットとして、転勤があることがあげられます。

 

教師の職場では、ほとんど転勤がなく同じ職場に定年するまで通うことができますが、一般企業では、特に大手企業など支店や営業所がある企業に勤めていた場合、将来的に転勤になる可能性があります。

 

転勤がどうしても嫌な場合には、転職する時点で転勤のない求人に応募することで転勤を避けることができます。

 

しかし、転勤がないような会社を選ぶと、転勤先の候補が限られることもあります。

 

教師から一般企業へうつりたい場合には、転勤する可能性があるというデメリットも頭の隅においておく必要があります。

教師と一般企業の年収比較

 教師の平均年収は、文部科学省が発表している学校教員統計調査の情報や口コミ情報から推定すると下記のような結果となりました。

 

f:id:Nami88:20200603002940p:plain

 

この結果をみると、小学校・中学・高校での差はあまり大きくありませんでした。また私立の公立では、私立の方がやや高い傾向があります。

 

この要因としては、私立では夏季講習や課外学習の対応に当たった場合、残業をした場合などで手当がでる職場があります。

そのため、全体として10万円~50万円程度ではありますが、公立と私立で違いがみられました。

 

一般企業の平均年収としては、人気が高く大手企業と言われる下記の企業の平均年収を

各企業の有価証券報告書データを基にまとめてみました。

 

f:id:Nami88:20200603004108p:plain

 

平均年収は、その企業に在籍する人の人数や、雇用形態、平均年齢によっても左右されるため、あくまで参考程度に見て頂きたいものになりますが、

 

このように一覧で比較してみると、一般企業(大手企業)の平均年収は700万円以上であり、教師より 高い傾向があると言えます。

教師の転職で使える経験やスキル

教師の仕事は、授業で専門知識を生徒に教えることや部活動の指導がメインのように思われがちですが、

 

実は、これらの仕事以外にも、イベントの企画をしたり、研修会を行ったり、説明会のための資料作成やホームページの更新などの仕事も担っていますよね。

 

教師はこれらの経験を積むことで、自然と一般企業でも使えるスキルは身についており、転職の際の自己PRとして使うことができます。

 

教師経験で身についたスキルで一般企業でも使えるスキルを分類すると主に下記の3つのスキルがあります。

 

  • 調整力
  • コミュニケーション能力
  • 企画、運営能力

 

一つずつ解説したいと思います。

 

スキル①調整力

教師として働いていると、現場の先生達と事務方の人、生徒と生徒の親などの意見が分かれ自分が間に入って調整する必要があることが多々あります。

 

調整力は、何事も円満に解決することが求められる一般企業ではとても大切スキルであり、面接でもアピールできるスキルです。

 

一般企業では、例えば総務部の場合、本部からの指示と現場の先輩の意見が異なることや、他部署と総務部での意見が異なることがあります。

 

そのような時に、教師として意見の違う双方の間に入り同じ方向に向けるよう調整してきた経験があれば、問題を円満に解決し、物事を前に進めることができます。

 

教師で調整力が身についている人は、一般企業の書類選考や面接でも具体例を入れて自己PRに使うようにしましょう。

 

スキル②コミュニケーション能力

教師経験がある人の多くが持っているのが、コミュニケーション能力です。

 

しかも、教師経験のある人は大抵このコミュニケーション能力がとても高く、転職後も評価されやすいスキルとなります。

 

コミュニケーション能力は、どんな職種でも必要になりますが、コミュニケーション能力が低い社会人は多くいます。

 

例えば、営業職でコミュニケーション能力がない人は、取引先の人との関係構築が上手くできず、商品を継続的に買ってもらうことが難しくなります。

 

また、人事部の場合に、コミュニケーション能力が低いと、社内の他部署の人から信頼されず社内規定やルール変更の推進を行なっても、誰も従ってくれないようになります。

 

このように、一般企業ではコミュニケーション能力が高さは常に求められ、仕事を円滑に回し、会社の利益にもつながる重要なスキルとさています。

 

そのため、このコミュニケーション能力は、教師経験がある人が一般企業へ転職する時には、アピールできるポイントとなります。

スキル③企画、運営能力

教師経験がとても少ない人の場合には、あまり身についてはいない場合もありますが、教師経験がある人は、企画•運営能力が身についていることが多くあります。

 

教師経験で企画•運営能力が身につくのは、文化祭や保護者説明会などの経験で身につくことができます。

 

これらのイベントでは、この他にも司会経験や資料作成などの経験もする場合があるため、自然と様々なスキルが身についている場合があります。

 

これらの経験がある人は、自分にも企画•運営能力やその他のスキルが身についてないかもう一度よく降り返ることをおすすめします。

 

教師の経験を活かした転職で人気が高い職種

教師から他の職種へ転職しようと思った時にも、どうせなら教師の資格や経験を活かして転職できないかな…?と思いませんか。

 

この考えをもつ人は多く、教師からの転職先では下記のような転職先が人気であり、受かりやすい傾向があります。

 

  • 学校職員
  • 教育関係の企業
  • 塾の講師

 

学校職員とは、学校の事務を行う人達のことで、教師として働いていた人ならばよく知っている存在だと思います。

 

学校職員の中でも、特に人気なのが大学職員で、毎回求人が出ると応募が殺到し、ものすごい倍率になると言われています。

 

学校職員の求人は、学校のホームページ、もしくは、学校関連の求人が集めて紹介されているブログ(「大学職員への道」と検索してでてくるブログに求人がたくさん掲載されています)で調べることができます。

 

教育関連の企業には、例えばベネッセや大原などの企業があります。

 

また、教材を販売している企業や資格取得のための専門学校を運営している企業などもあります。

 

教師の経験を活かすことができ、さらに運営側の知識も得ることができる職場なので、教師経験者には人気の求人です。

 

これらの企業の求人は、一般の転職と同じで転職サイトや転職エージェントに登録することで知ることができます。

 

最後に、学習塾の講師ですが、これも教師の経験を存分に活かすことができる職種です。

 

また、仕事のメインが担当する科目を教えることになり、部活動や生活指導などの教師の仕事の一部として行っていた負担がなくなり、授業に集中することができるため人気の職種です。

 

求人は、転職サイトにも掲載されていることもありますが、塾のホームページなどで探してもほとんど同じ情報を得ることができます。

スポンサーリンク

   

元教師に人気な職種

ここでは、さらに転職先を考える上でさらに細かい条件となる職種について紹介します。

一般企業の職種の中で、教師の人が転職しやすい職種には下記のような職種(部署)があります。

 

  • 総務部
  • 経理部
  • 人事部
  • 秘書
  • 営業部
  • 海外部

 

第2新卒や20代の人の場合には、どの部署でも転職しやすい傾向があります。

 

ある程度経験を積んでいる人の場合には、総務部や秘書、海外部といった部署に転職する人が多い傾向があります。

 

特に、教師経験がある人は、企画力や研修を運営する力があるため、一般企業では、新しい社内での取り組みを考える部署や、新人研修を行う総務部、人事部への転職ではこれまでの経験を活かすことができます。

 

教師から一般企業への転職方法 

教師から一般企業へ転職する場合には、転職エージェントへの登録をし、エージェントを介して求人を探すことや、企業へ応募をします。 

おすすめな転職エージェント

 

f:id:Nami88:20200519155757p:plain

f:id:Nami88:20200519163613j:plain <引用:doda公式サイト>

大手企業の求人数が業界トップクラスであることから人気の転職エージェントです。

業界ごとに担当者が分かれており、企業の深い情報を知る担当者がスピード感もって支援をしてくれます。

大手企業に早く転職したい!という人におすすめの転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519164533p:plain

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

f:id:Nami88:20200519171418p:plain

f:id:Nami88:20200519164624j:plain

<引用:マイナビジョブ20's公式サイト>

初めて転職活動をする人や、20代の転職者には、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

新卒採用も行なっているマイナビは他の転職エージェントより、丁寧で優しい担当者が多い特徴があります。

応募書類の添削や面接指導も徹底的に行ってくれるので、手厚いサポートをして欲しい方には特におすすめな転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519171448p:plain
公式サイト:20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

f:id:Nami88:20200519160140p:plain

f:id:Nami88:20200519164911j:plain

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、初回から紹介してくれる求人数が多いことでも人気な転職エージェントです。

また、転職成功者が多く、これまでの実績をもとに、面接対策や企業側に対する年収交渉をしてくれます。

転職で年収アップめざす人に特におすすめな転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職エージェントは、担当者によって紹介の質に差がでてくるので、2~3社の登録をすることをおすすめしています。

 

ぜひ公式サイトを確認し、自分にあった転職エージェントに登録してみてください。

 

教師から一般企業への転職の流れ

簡単にここまでの流れと、実際の転職活動についてまとめると、教師から一般企業への転職は、下記のような流れになります。

 

1.サイトを見て転職エージェント選びをする

                            ↓

2.転職エージェントのサイトに登録する

                           ↓

3.転職エージェントと面談する

                           ↓

4.キャリアアドバイザーから求人を紹介される

                           ↓

5.どの企業に応募するか決める

                           ↓

6.書類選考

                          ↓ 合格すれば

7.面接(1回〜2回程度、約1時間ぐらい)

                          ↓合格すれば

8.内定、給料や入社日などの条件交渉

                          ↓

9.入社

 

教師としての就職や、転職では、面接で模擬授業の実施があったり、面接の前に筆記試験があることもありますが、企業の中途採用ではシンプルに口頭質問が行われる面接だけの場合が多い傾向があります。

 

(大手企業や、応募が殺到するような企業では、SPIや、性格診断などの簡単な試験が実施されることもあります。) 

教師から一般企業への転職は難しくない

 今回は、教師から一般企業への転職について紹介しました。

 

教師の仕事は専門性が高いため、「転職は難しいのかも?」と思ってしまう人もいますが、転職活動を始めてみると意外と教師から一般企業に転職する人が多いことを実感してもらうことができると思います。

 

実際に企業では教師に限らず、「保育士から営業職への転職」、「看護師から人事職への転職」といった様々な専門的な職歴を持つ人の採用が年間を通じて行われています。

 

教師の仕事以外で働いてみたいと考えている人は、ぜひ転職エージェントに登録をしどんな求人があるのかを確認してみてください。

 

 ⇒転職ノウハウの記事一覧はこちら 

 

スポンサーリンク