採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

教師を辞めて一般企業で働くメリット4選

スポンサーリンク

教師を辞めて一般企業で働いてみたいと考える人でも、教師として働いてきた実績をなくして一般企業へいくメリットが気になりますよね。

 

教師を辞めて一般企業で働く人は多くおり、メリットも多くある傾向があります。

 

そこで今回は教師から一般企業で働くメリットについて紹介したいと思います。

            【目次】

 ⇒転職ノウハウの記事一覧はこちら

 

教師から一般企業で働くメリット4選

教師の働く環境は、昔から時間外労働や休日返上の仕事があること、最近ではSNSの発展によりプライベートも気が休まらないことなどから年々悪化しているとも言われています。

 

実際に、教師のうつ病発症者は年々増加しており対策が急がれています。

 

そんな中、教師から一般企業へうつる人も年々増加傾向にあり、メリットが多いことが分かってきています。

 

教師から一般企業へうつるメリットとして、意見が多いのは下記のようなメリットです。

 

  • 仕事のオンオフがつけられる
  • 給料が上がった
  • 視野が広がる
  • 仕事の範囲が明確になる

 

一つずつ解説したいと思います。 

 

メリット①仕事のオンオフがつけられる

教師の仕事は、職場だけで終わりません。職場で授業や担当クラスの庶務、部活動の指導をした後に、自宅に帰ってからは授業準備をする必要があります。

 

また、生徒や親からの問い合わせや相談があった場合には、休日でも対応する必要があります。

 

このような環境から、教師は平日、土日ともに仕事のオフモードにならずにストレスを溜め込みやすいと職種だと言われています。

 

こんな教師の職種から他の職種へ転職した場合の大きいメリットとして仕事のオンオフがつけられるというメリットがあります。

 

一般企業の場合には、一部ブラック企業なども存在しますが、一般的に仕事が終われば家に帰ってから仕事をすることはほとんどありません。

 

また、休日もきちんと休みを取ることができるため、仕事のオンオフはつけやすくなりメリットが大きいと言えます。

 

メリット②給料が上がった

教師を辞めて一般企業で働く人の中には給料が上がったという人が多くいます。

 

教師は、もともと給料が低い職種ではありません。

 

しかし、残業代が出ないことを始め、部活動指導もほとんど給料が発生しないため、労働時間に対する対価は低いとされています。

 

一般企業でしっかり働き、残業代ももらえば教師で働くよりも給料が高いというのは納得でき、これも教師から一般企業で働く大きなメリットと言えます。

 

メリット③視野が広がる

教師を辞めて一般企業で働き始めた人の多くが言うのが、視野が広がるということです。

 

教師の職場を想像すれば何となく理解もできますが、一般企業に比べ働く人も関わる人も少なく、とても狭い世界です。

 

そのため、その職場に根付いた文化が強く、何事を決めるのにも、視野が狭い意見しか出ないことがあります。

 

教師から一般企業で働くことで、色々な意見を持つ人と関わることができ、自分の成長にもつなげることができます。

 

メリット④仕事の範囲が明確になる

これも教師を辞めて一般企業で働く人から良く聞く意見ですが、教師の仕事の範囲はその職場でとても曖昧な線引きがされています。

 

そのため、前の記事でも紹介しましたが、給料などは年功序列であるのに、仕事をする人は仕事を多く振られ、仕事しない人は授業と簡単な雑務しかしなくても良いような状況になることが多々あります。

 

一般企業でも、仕事を人より振られてしまう場面はあります。

 

しかし、多くの一般企業では、その人の職階に応じて決められた仕事の範囲があるので、それ以上レベルの高い仕事を任せられることはありません。

 

仕事の範囲が明確になることは自分である程度仕事の優先順位や取り組み方を考えながら回していくことができるのでストレスを溜めずに仕事をすることができるメリットがあります。

 

◉教師を辞めて一般企業で働くのはメリットが大きい

今回は、教師から一般企業で働くことのメリットについて紹介しました。

 

教師は、専門職であり、資格を取って働くのも大変な職種です。

 

しかし、今の時代は、教師の働く環境があまり良くなく、精神病をはじめとする体調不良を起こす人が多くいます。

 

教師から一般企業へうつる人は多く、メリットもたくさんあります。

 

教師として働き続けることに悩んでいる人は、今回の記事を参考に一般企業で働くことも視野に入れてみてください。

 

◉教師から一般企業への転職におすすめなエージェント

教師から一般企業に転職する際の転職支援で高い実績を誇る転職エージェントとして、下記の3つのエージェントをおすすめします。

 

それぞれの転職エージェントに個々の特徴があるので、公式サイトを確認し興味がある転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

 

下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

  

1.doda  

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

★「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多く人気のdoda。

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめなエージェントです。

 

2.マイナビ

公式サイト:20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

★優しい担当者が良い!という若い人にはマイナビがオススメです。新卒採用も行なっているマイナビは他の大手エージェントに比べ、支援が親身だと言う意見が多く、人気があります。

スピード感を持った支援というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援をしてくれます。

 

3.パソナ

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

★パソナは地方を含めた全国における求人が豊富なエージェントです。

初回面談当日から自分の希望条件にあった求人を多数紹介してもらえるため人気があります。

担当者の質も高く、転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

ぜひ参考にしてみてください(^^)/

 

 

 ⇒転職ノウハウの記事一覧はこちら

スポンサーリンク