採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

教師が一般企業へ転職する時に使えるスキル

スポンサーリンク

教師経験しかない人でも一般企業に転職する場合に使える(自己PRになる)スキルは意外と多くあります。

 

そこで、今回は教師が一般企業に転職する時に使えるスキルについて紹介したいと思います。

 

◉教師が一般企業へ転職する時に使えるスキル3つ

教師の仕事は、授業で専門知識を生徒に教えるのとの他にも、イベントの企画をしたり、研修を行うことがあります。

 

これらの経験を積むことで、自然と一般企業でも使えるスキルは身についており、転職の際の自己PRとして使うことができます。

 

教師経験で身についたスキルで一般企業でも使えるスキルには、下記のスキルがあります。

 

  • 調整力
  • コミュニケーション能力
  • 企画、運営能力

 

一つずつ解説したいと思います。

 

教師が一般企業でも使えるスキル①調整力

教師として働いていると、現場の先生達と事務方の人、生徒と生徒の親などの意見が分かれ自分が間に入って調整する必要があることが多々あります。

 

調整力は、何事も円満に解決することが求められる一般企業ではとても大切スキルであり、面接でもアピールできるスキルです。

 

一般企業では、例えば総務部の場合、本部からの指示と現場の先輩の意見が異なることや、他部署と総務部での意見が異なることがあります。

 

そのような時に、教師として意見の違う双方の間に入り同じ方向に向けるよう調整してきた経験があれば、問題を円満に解決し、物事を前に進めることができます。

 

教師で調整力が身についている人は、一般企業の書類選考や面接でも具体例を入れて自己PRに使うようにしましょう。

 

教師が一般企業でも使えるスキル②コミュニケーション能力

教師経験がある人の多くが持っているのが、コミュニケーション能力です。

 

しかも、教師経験のある人は大抵このコミュニケーション能力がとても高く、転職後も評価されやすいスキルとなります。

 

コミュニケーション能力は、どんな職種でも必要になります。

 

しかし、コミュニケーション能力が低い社会人は多くいます。

 

例えば、営業職でコミュニケーション能力がない人は、取引先の人との関係構築が上手くできず、商品を継続的に買ってもらうことが難しくなります。

 

また、人事部の場合に、コミュニケーション能力が低いと、社内の他部署の人から信頼されず社内規定やルール変更の推進を行なっても、誰も従ってくれないようになります。

 

このように、一般企業ではコミュニケーション能力が高さは常に求められ、仕事を円滑に回し、会社の利益にもつながる重要なスキルとさています。

 

そのため、このコミュニケーション能力は、教師経験がある人が一般企業へ転職する時には、アピールできるポイントとなります。

 

教師経験が一般企業でも使えるスキル③企画、運営能力

教師経験がとても少ない人の場合には、あまり身についてはいない場合もありますが、教師経験がある人は、企画•運営能力が身についていることが多くあります。

 

教師経験で企画•運営能力が身につくのは、文化祭や保護者説明会などの経験で身につくことができます。

 

これらのイベントでは、この他にも司会経験や資料作成などの経験もする場合があるため、自然と様々なスキルが身についている場合があります。

 

これらの経験がある人は、自分にも企画•運営能力やその他のスキルが身についてないかもう一度よく降り返ることをおすすめします。

 

◉教師経験だけでも様々なスキルが身についている

教師の方が、一般企業の面接にくると、「教師の経験しかないので…」とか「未経験の職種へのチャレンジなので…」など謙虚な意見をよく聞きます。

 

しかし、実際に教師経験だけで一般企業に転職した人は多くいますし、転職後もこれまでの経験を活かしながら仕事をしている人はたくさんいます。

 

教師経験だけであっても、意外と一般企業で求められるスキルはたくさん身についていることはあり、今回紹介したコミュニケーション能力などは一般企業の人より高い可能性もあります。

 

中途採用の場では、皆さんとても自信満々に自分のスキルをアピールしてくる人がたくさんいます。

 

小さな経験でも、言い回しでとても大きな経験に聞こえますし、具体例を入れながら説明をすれば説得力のある説明になります。

 

教師から一般企業へ転職しようと考えてている人は、今回の記事を参考に自分の経験を振り返って身についているスキルを書き出してみてください。

 

きっと一般企業でも使える素敵なスキルがたくさん身についているはずです。

 

◉教師から一般企業へ転職する時におすすめなエージェント

教師から一般企業への転職に強いエージェントとして、下記の3つのエージェントをおすすめします。

 

それぞれの転職エージェントに個々の特徴があるので、公式サイトを確認し興味がある転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

 

下記の転職エージェントは全て登録から採用後まで無料で利用することができます。

面接対策や応募書類の添削サービスを利用しても一切お金はかかりませんので安心して利用することができます。 

 

1.doda  

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

★転職経験者から、「求人を幅広く、多数紹介してくれた!」という声が多いdoda。

若手のキャリアアドバイザーが多く、スピード感を持って転職支援をしてくれます。保有している求人数が業界内でもトップクラスであり、幅広い求人から転勤の有無や給料といった自分の条件面を確認しながら応募を決めることができるおすすめな転職エージェントです。

 

2.マイナビ

公式サイト:20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

★優しい担当者が良い!という人にはマイナビがオススメです。新卒採用も行なっているマイナビは他の大手転職エージェントに比べ、転職支援が親身だと言う意見が多く、人気があります。

スピード感を持った転職というよりも、転職で何を叶えたいのか、本当に転職をするべきなのかを丁寧にヒヤリングした上で転職支援をしてくれます。

 

3.パソナ

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

★パソナは地方を含めた全国における求人が豊富な転職エージェントです。

初回面談当日から自分の希望条件にあった求人を多数紹介してもらえるため人気があります。

担当者の質も高く、転職市場の状況をみながら給料などの条件を満たした求人紹介をしてもらうことができます。

 

教師から一般企業へうつることを考えている人はぜひ参考にしてみてください(^^)/

 

www.tensyokujidai.com

www.tensyokujidai.com

 

スポンサーリンク