採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと、転職ノウハウ、資格をとるコツ

転職面接が苦手なあなたに教える!面接官別の攻略法

スポンサーリンク

面接が苦手な人って多いですよね。

 

しかし、転職活動では面接は避けられないステップであり、繰り返し行われる面接をクリアしなければ、希望の職場で働けないという現実もあります。

 

面接が苦手で希望の職場で働けるのだろうか…。心配になる人もいますよね。

 

しかし、採用担当者の経験から言うと、採用の面接はとても短時間の中で行われるコミュニケーションであり、コツをつかめばすぐにクリアできるようにもなります。

 

そこで今回は面接が苦手な人が、面接官別に使える攻略法について紹介したいと思います。

          【目次】

転職ノウハウの記事一覧はこちら 

 

苦手な面接の攻略法①一次面接は人柄アピール

転職面接の一次面接は多くの場合、人事担当者(採用担当者)が行います。

 

この一次面接では主に提出された「履歴書と職務経歴書の内容の確認」と、コミュニケーション能力などが評価されます。

 

この一次面接を担当する人事担当者は、その前の書類選考も担当しているため、基本的に面接で質問される経歴や実績、身についている能力などは確認程度になります。

 

その代わりに、長所や短所自己啓発についてやこれまでの社会人経験の中での失敗談などについて質問し、その転職希望者がどのような人物でどのような物の考え方をするのかを注意深く評価しています。

 

そのため、面接が苦手な人でも一般的な転職面接で聞かれやすい質問の回答を考えておき、答えに矛盾が生じさせたりせず誠実に答えられるように準備をしていけば合格することができる面接となっています。

 

これは余談ですが…

一次面接をする人事担当者は人を採用することが仕事であり、ミッションとなっています。

 そのため、書類選考を通過した候補者であれば、どんな候補者でも採用したいという本音があります。

 

面接が苦手な人は、応募した企業での初めての面接は特に緊張しますし、嫌だなぁ…という気持ちでいっぱいかもしれません。

 

しかし人事担当者はマイナス評価をつける面接をしているわけではなく、プラスとなる点をより多く探し、次の二次面接を担当する採用部署のメンバーにも引き継ぎたいと考えています。

 

そのため苦手意識から緊張しすぎたり、聞きたいことを質問せずに終わらようとせず、むしろ企業側の情報を1つでも多く掴んで、次の面接に生かそうという気持ちぐらいで面接を受けた方が上手くいく傾向があります。

 

苦手な面接の攻略法②二次面接は実績アピール

人物重視の面接とは異なり、大抵の企業の二次面接では実際に人を採用し仕事をしてもらう部署の人が面接を担当します

 

この二次面接では、具体的にこれまでにどんな仕事を任せられたことがあるかや、実績身についているスキルについて細かく確認がされます。

 

そのため面接が苦手な人が、二次面接を攻略するためには、特にこの実績、スキルにつながる具体的なエピソードを用意する必要があります。

 

特に実績に関しては、結果が成功(達成)できている場合も、成功できてない場合もマイナスなことは言わず前向きに取り組んでいることをアピールするようにしましょう。

 

(面接では少し強気の人の方が合格しやすい傾向があります。そのため、面接が苦手でも謙虚になりすぎずに自信を持って前向きな発言をするように心掛けることをおすすめします。)

 

またスキルに関しては、今回の求人で求められている人物像を意識して答えると高評価を受けることができます。

 

例えば、求人票の求める人物像に「積極的に新規の営業先の開拓ができる人物」と書かれていた場合、コミュニケーション能力や新規開拓能力を身についているスキルであげ、新規の顧客を開拓してきた経験についての実体験についても答えられるようにしておくことで、求人で求めている人物像にマッチしている点で高評価を受けることができます。

 

そして面接が苦手な人の二次面接でのポイントの最後として、質問への答え方を分かりやすく端的に答えるということがあります。

 

これはどんな面接でも必要なテクニックですが、いつも採用面接を担当している人事担当者ではなく、あまり面接官経験のない部署の人が行う面接では特に重要なポイントになります。

 

面接では、質問の回答が何を伝えたいのか分かりにくいというだけでかなりのマイナス評価になってしまいます。

 

面接官経験のある人事担当者の場合には、少し分かりにくい回答をしても意図をくみ取ろうとしますが、採用部署メンバーが行う面接ではコミュニケーション能力が低いとされ評価を下げられてしまうことがあります。

 

そのため質問に対する回答は、まず始めに簡単にポイントを伝えその後にエピソードなどを付け足すようにしましょう。

 

面接の苦手意識は面接官に合わせた対策で解消

冒頭でも伝えましたが、面接が苦手な人でもそれぞれの面接官に合わせてしっかり対策を行っていれば苦手意識が少し薄れて面接を合格できるようになります。

 

一次面接、二次面接と転職の面接では少しずつ評価のハードルは高くなりますが、面接で聞かれることは大抵一般的な質問と変わりません。

 

面接が苦手だと感じる人は今日の記事を参考に一次面接、二次面接それぞれを担当する面接官に合わせた面接対策を行ってみてください。

 

また面接対策を行う時には、必ず応募先のホームページ転職エージェントから応募先の扱っている製品やサービス、面接官になる人の情報についての情報収集を行い対策を行うようにしてください。

 

面接の情報を多く教えてくれる転職エージェント

面接が苦手だと感じる人は、まず面接対策として面接に必要な情報収集をすることをおすすめします。

 

面接に必要になる情報とは具体的に言うと、職場で働く人の特徴や雰囲気、面接官の人柄や「過去の面接で聞かれた質問」についての情報を得ることができると面接の合格率を上げることができます。

 

そこで、ここでは転職支援の実績が高く、さらに面接に関する情報を多く教えてくれる転職エージェントとして下記3社を紹介します。

 

f:id:Nami88:20200519155757p:plain

f:id:Nami88:20200519163613j:plain <引用:doda公式サイト>

大手企業の求人数が業界トップクラスであることから人気の転職エージェントです。

業界ごとに担当者が分かれており、企業の深い情報を知る担当者がスピード感もって支援をしてくれます。

大手企業に早く転職したい!という人におすすめの転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519164533p:plain

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

f:id:Nami88:20200519171418p:plain

f:id:Nami88:20200519164624j:plain

<引用:マイナビジョブ20's公式サイト>

初めて転職活動をする人や、20代の転職者には、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

新卒採用も行なっているマイナビは他の転職エージェントより、丁寧で優しい担当者が多い特徴があります。

応募書類の添削や面接指導も徹底的に行ってくれるので、手厚いサポートをして欲しい方には特におすすめな転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519171448p:plain
公式サイト:20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

f:id:Nami88:20200519160140p:plain

f:id:Nami88:20200519164911j:plain

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、初回から紹介してくれる求人数が多いことでも人気な転職エージェントです。

また、転職成功者が多く、これまでの実績をもとに、面接対策や企業側に対する年収交渉をしてくれます。

転職で年収アップめざす人に特におすすめな転職エージェントです。

 

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職エージェントは、担当者によって紹介の質に差がでてくるので、2~3社の登録をすることをおすすめしています。ぜひ公式サイトを確認し、自分にあった転職エージェントに登録してみてください。

 

今回の記事を参考に面接が苦手な人でも転職に成功することを願っています(^^)/

 

f:id:Nami88:20200209133928p:plain

転職ノウハウの記事一覧はこちら 

スポンサーリンク