採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

事務の仕事から営業職へ異動したい人が必ず確認しておくべきこと3つ

スポンサーリンク

事務から営業職に異動する時に確認しておくべきこと

事務の仕事から営業へ職種を変える人が、年々増加していると言われています。

 

営業の仕事は会社の花形とも言われ、バリバリ結果を出す営業マンはカッコ良いですよね。また、営業は給料の他にインセンティブをもらえる企業も多いため、年収をあげるために事務の仕事から営業にうつることを希望する人もいます。

  

しかし、事務から未経験の営業へ職種を変える場合、環境が整っていない職場だとトラブルに発展することもでてきています。

 

そこで今回は、「事務の仕事から営業に職種を変えたい人が確認すべきこと」について紹介したいと思います。

転職ノウハウの記事一覧はこちら

事務から営業へ異動する時の注意点

事務から未経験の営業に職種を変える場合には、下記のような注意するべき点があります。

  • 研修制度があるか
  • 基本給のアップは見込めるか
  • ノルマの制度が適切か 

研修制度があるか

事務の仕事から営業へ職種変更をする場合、とても重要なのが研修制度があるかどうかです。

 

営業の仕事は、ただ会社の商品を売れば良いというものではなく、下記のような知識を得た上で営業を行う必要があります。

  • 業務の流れ
  • 目標設定や計画立案の方法
  • 顧客の情報収集方法
  • 新規のお客さんの開拓方法
  • ライバル社の情報収集方法
  • 価格交渉の方法
  • 営業時に必要な資料作成の方法

 小さな会社の場合には、先輩について一緒に営業先を回りながら学ぶというスタイルをとっている会社もあります。

 

しかし、このスタイルは知識を習得するのにとても時間がかかるというデメリットがあります。

 

20代の若手で他職種に異動する場合には、このスタイルの会社で異動をしても問題はあまりありません。

 

しかし、20代後半や30代以上の人になると、早く仕事を覚えて独り立ちしたい気持ちも大きくなります。

 

そのため、できれば部署を異動した際に研修を受けられるような制度が整っている職場で異動をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

 


基本給のアップは見込めるか

営業の仕事はノルマがあることや商品の運び出しなどの肉体労働があること、自分で運転をして営業先に向かう必要があることから、事務の仕事より身体的な負担が高い傾向があります。

 

これらのことから、例えば事務から営業に転職する時には、基本給がアップするかが重要な転職先選びのポイントになっています。

 

営業には営業手当てがつく会社もありますが、この手当は車での移動時間が残業代に入らないことや外出が多いことからお茶など細々した出費があるために出ている場合もあります。

 

そのため事務から営業に異動する場合には、基本給のアップが見込めるかを社内規定や人事担当者によく確認するようにしましょう。

営業ノルマの設定が適正か

営業の仕事がつらくなる理由の一つが、達成できないノルマを課せられることです。

 

しっかりした企業であればノルマは市場の状況を分析し企業の去年からの成長率をもとにノルマを設定しています。

 

しかし社員に無理なノルマを課す会社では、何の根拠もなく目標値としてノルマを設定しているため営業マンが苦しい状況に追い込まれる事態になっています。

 

そのため、事務から営業に職種を変える時には、

  • ①ノルマの設定がどのように設定されているか
  • ②前期のノルマを達成できた社員の割合

について人事担当者や実際にその部署で働いている人に聞いてから異動をするようにしましょう。

事務から営業への転職はしやすい状況

女性の積極的な雇用や人工知能の発達に伴い、事務の仕事から営業への職種変更を社内でするのではなく、転職で叶える人は増加傾向にあります。

  

社内での異動が難しい人は、転職も視野に入れてみることをおすすめします。

 

事務の仕事から営業職に転職をする場合に、おすすめな転職エージェントにはパソナがあります。

 f:id:Nami88:20200519164911j:plain

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、初回から紹介してくれる求人数が多いことでも人気な転職エージェントです。

また、転職成功者が多く、これまでの実績をもとに、面接対策や企業側に対する年収交渉をしてくれます。

事務職から営業職に転職を目指す場合に年収アップもめざす人には、とてもおすすめな転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

営業職の求人は、転職市場で最も人気が高く、年間を通しても多くの求人が出回っている特徴があります。

 

事務の仕事から、営業の仕事をしてみたい人は、ぜひパソナに登録をし、実際にどのような求人があるのかを確認してみてください。

転職ノウハウの記事一覧はこちら 

スポンサーリンク