採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

タイプ別!30代の看護師の自分らしいキャリア形成の方法

スポンサーリンク

30代の看護師は、ある程度経験を積んだ看護師であり、その経験やスキルをさらに磨くためには今後の職場選びが大切になります。

 

特に30代看護師の中には、結婚や子育てをしながら働きたい看護師もいれば、キャリアアップを目指して転職を考える看護師もおり、人それぞれ様々な目的を持った看護師が多く自分のライフスタイルにも合わせたキャリア形成の方法を考えていく必要があります。

 

そこで今回は、タイプ別に分けた30代看護師のキャリア形成の方法について紹介したいと思います。

 

タイプ①とにかくキャリアアップを目指したい30代の看護師さん

キャリアアップを目指す看護師さんは、まず「偉くなって仕事の幅を広げる」または「興味のある分野での専門性を高めるのか」のどちらかを選ぶ必要があります。

 

偉くなって仕事の幅を広げる

看護師の管理職には「主任・師長・部長」があります。

30代の看護師さんが目指せるのは、看護師経験10年程度でなれる主任になります。

 

主任は一般企業でいう係長ぐらいのポジションになり、師長の補佐的な存在になります。

 

そんな主任の主な役割は、スタッフの教育をすること、そして病棟の目標を達成させることです。

 

また、スタッフが働きやすいよう環境を整える役割も任されており、悩みを抱えるスタッフの相談を聞き、仕事の分担についてやシフトなどについて師長に意見をする役割も持っていますます。

 

病院によっては他の部門との連携業務も担当しするようになっているので、主任はまさに現場で働くリーダーという感じです。

 

そして、看護学生の教育担当も主任がすることが多いので主任は下の世代の育成に適している人格であり、優しくて面倒見の良い人が選ばれる傾向があります。

 

お給料は、毎月の給料に主任手当が3万円〜5万円程度つくという病院が多いので、年間では36万円〜60万円程度の年収アップが見込めます。

 

ちなみに…あくまでも参考ですが

 

主任の上のポジションである師長クラスになると年収は平均で700万円程度になるようです。

 

転職で主任にキャリアアップを目指すという方法もありますが、まずは自分の職場での主任の給料や仕事、どんな人が推薦されているかについて調べておくと求人探しの基準にもなるのでおすすめです。

 

興味のある分野での専門性を高める

看護師として何年かの経験を積むようなると、自分の興味がある専門分野についてもっと学びたいと感じることやより専門性の高い仕事を任されたいと思うことがあります。

 

そんな30代看護師さんに人気なのが、「認定看護師」「専門看護師」の資格取得です。

 

認定看護師

認定看護師になるには、医療•看護センターや教育センターで行われている認定看護師教育を受ける必要があります。試験を受けるには5年の実務経験が必要になり、615時間以上の教育を受ける必要があるため、半年間ぐらい学校に通う必要があります。

 

専門看護師

専門看護師になるには、看護系の大学院で自分が選んだ分野についての勉強を2年する必要があります。現在はがん看護や小児看護、感染症看護、在宅看護、母性看護など11分野での取得が可能になっています。

 

どちらの資格も取得するには一定期間学校に通う必要があるため、少し大変にも感じます。

 

しかし、これらの資格はどちらも日本看護協会が認定する資格であり、取得することで特定の分野での看護技術、知識が高くより専門的な看護ができることが証明することができ今後のキャリアに大きく活かすことができます。

 

もともとは、現場で働く看護師達から自分達にできる看護の仕事の幅をもっと増やしたい!という声から制度がつくられた背景があります。

 

看護師としての仕事に慣れて、もう少しレベルアップした仕事をしてみたいと思う30代看護師さんにはおすすめな選択です。

 

そして大人になってから一つのことに専念して学ぶ機会はなかなかなく、少し看護の仕事に慣れていて体力もある30代看護師ならではの選択でもあるので、キャリアアップを目指す30代看護師の方にはおすすめな道でもあります。

 

学校には、同じ看護の分野に興味をもった同世代の仲間がたくさん学びに来ているので、新たな出会いや看護師同士のつながりも作ることができます。

 

★転職するだけで祝い金がもらえるエージェント

あなたの"理想の職場"が見つかる!【ジョブデポ看護師】  

 

タイプ②プライベート重視の30代看護師

「残業なし」「夜勤なし」の職場でプライベートも充実させた生活をしたい30代の看護師さんも多くいますよね。

 

看護師の資格を持っていれば、そんな望みにも応える職場がたくさんあり、自分のライフイベントに合わせた条件で転職することもできます。

 

残業なし、夜勤なしの職場には具体的に下記のような職場があげられます。

 

  • 入院のない外来のみのクリニック
  • 健診センター
  • 介護福祉施設
  • デイサービス
  • 美容外科
  • 治験コーディネーター
  • 産業保健師として働く企業
  • 学校
  • 保育園

 

たくさんありますよね。

 

土日休みが欲しい!という人は企業や学校、保育園なら土日も休みになりおすすめな職場です。

 

また最近では、完全予約制の美容外科が30代の看護師さんに人気になっています。

 

完全予約制なので希望休は通ることが多く、職場が駅近で綺麗なことに加え、若い女性を相手に仕事ができるため、体力的にも楽という声が多くあり転職する人が増えています。

 

★美容外科の求人が業界No.1の転職エージェント

日勤のみで30万円以上/美容外科求人ガイド

   

 

★残業なし、夜勤なしの求人な豊富な転職エージェント

MC─ナースネット

 

タイプ③長く働ける職場を探している30代看護師

長く働ける職場とは、やはり給料がある程度もらえて、休みが多い職場になります。

 

給料はそれぞれの病院によって高い低いがあります。

特に注意して見るべき点としては、基本給がいくらかです。

 

色々な手当てをつけてトータルが高い病院だったとしても、結局は基本給が高い職場の方が、有給をとったりして、残業や夜勤をしなかった月でも多くの給料をもらうことができます。

 

また休みに関しては、年間休日が何日かに注意するのが重要です。

 

いくら有給休暇が取りやすい職場です!とアピールされていても、有給休暇の取りやすさって結局、その時の師長さんによって変わってくるものですから…ね。。(;_;)

 

年間休日は目安として、120日あるかないかで判断するのが良いかと思います。

(一般企業での平均年間休日が120日のため)

 

(110日ぐらいの病院は正直たくさんあるので、まぁまぁだという感じです。)

 

年間休日が極端に少ない場合や、年間休日+有給休暇で◯日なんて書いてある職場は怪しい場合が多いので、長く働ける職場を探している30代看護師さんが転職先に選ぶのは避けるようにしましょう。

 

★離職率が低い職場の求人が多い転職エージェント 

 ナースパワー人材センター  

 

タイプ④新しい経験を積んでみたい30代看護師

前までの項でも少し伝えましたが、看護師の働く職場は本当に多くあります。

 

新しい経験を積みたい30代の看護師さんで、なかなか今いる病院では異動希望が叶わない場合には転職で好きな領域に異動してみることもおすすめです。

 

その場合には、必ず転職先でどの診療科に配属されるかと配属後の研修制度を確認して転職するようにしましょう。

 

新卒の場合には、希望制で診療科を出すようになっていますが転職の場合には初めから配属先が決まっていて採用される場合が多くあります。

 

また30代の看護師は看護師としての経験はもちろんあり、率先力としての採用になりますが、それでもその職場での独自のルールを知ることも必要になります。

 

また、スタッフの研修に時間とお金をかけている病院はホワイトな職場である可能性が高い傾向がありますので、転職する時には上の2つについて確認することをおすすめします。

 

また医療現場以外の場所で働いてみたい人は企業、保育園、学校などに転職し働いてみることもおすすめです。

 

最近では、看護学校の急速な増加に伴い看護教員の需要が高まっています。

 

学生に自分の臨床での知識や技術を教えるには大変なことですがやりがいがあり、人を教育するというスキルも身につけることができます。 

 

看護師の経験を活かし、さらに新たな経験を積んでみたい30代看護師さんは様々な選択肢から今後のキャリア形成について考えてみてください(^^)/

 

★高条件の求人が多く30代看護師に人気の転職エージェント

ナースエージェント

 

スポンサーリンク