採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

こんな方法があったのか!状況別の仕事を休む理由と注意点

スポンサーリンク

仕事休みたいなぁ〜なんて思っても休むのが難しい職場ってありますよね…。

 

有給休暇は理由に関係なく休める権利があるなんて言われてますが、「私用で休みます」だけで通る会社なんてなかなかないですし、理由を言わないと印象が悪くなりそうですよね。

 

かといって、会社を休む理由で「ディズニーランドに行きます!」とか「美容院に行きます!」「今日は気分が乗らないので休みます!」なんて新入社員からでも聞いたことないですよね。笑

 

今回は、会社を休む方法について私の実体験も交えて紹介したいと思います。

 

◉会社を1日休む理由

会社をまるまる1日休む時は、1週間前〜前日までに上司に直接報告することで、印象を悪くせず休むことができます。

 

会社を休む方法としては一番難易度が低い休みですが、繁忙期だったり、人手が足りてない部署の場合にはたった1日休むのも報告しづらいことがありますよね。

 

そんな時には下記のような理由を使う方法があります。

 

  • 自己啓発(資格取得の勉強や試験など)
  • 通院
  • 家族に関する予定
  • 車の免許更新、車の修理

 

自己啓発ではマニアックな試験になると受験地が限られているところになるので、前泊などを理由に休むこともできます。

 

定期的に1日休みがとりたい人は通院を理由にする休む方法もおすすめです。作り上げた病名まで言うと後々聞かれたり、今後の昇格や仕事の分担に影響がでると面倒なので、ただの通院と言うか、もしくは皮膚科やアレルギー科など軽度な診療科をあげておくのが無難だといえます。

 

注意)人事部所属の場合には、健康保険証関連の仕事をしているので通院してないことがバレてしまうことがあるので注意が必要です…。

 

お子さんがいる方は、子供の行事や子供の通院についていくと言えば基本的に何の問題もなく休めることができます。

 

女性の場合、たまに結婚していないお局がグチグチ言う人もいますが、そういう人は何をしても文句を言うので気にせず休みをとるようにしましょう。

 

免許の更新や車の修理は前々から分かっていることだと思われるため1週間前ぐらいには休みの申請をするようにしましょう。

 

免許の更新の場合、他の日でも良い?と交渉されやすい理由のため、絶対にこの日に休みたいという時には他の理由を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

   

◉会社を当日に休む理由

寝坊してしまったり、朝起きたらなんだか会社に行きたくない日もありますよね。

 

人間だもの。…笑

 

しかし、社会人としてお金をもらって働いていると、突然休むことは誰かしらに迷惑をかけてしまうことが生じてしまいます。

 

そこで会社を当日に休む理由は、できるだけマイナスイメージを与えない方法として下記のような理由で休む必要があります。

 

  • 突然の病気
  • 家族の都合

 

やっぱり突然会社を休む場合、これら理由が一番無難でマイナスイメージを与えない理由となります。

 

突然の病気

突然の病気とはつまり、発熱や腹痛などが朝起きたら生じていたということです。

 

よくある休む理由ですよね。

この理由を使う方法の場合、当日の始業開始時間前までに電話連絡をする方法をとれば大丈夫です。

 

また、より丁寧な方法としては、朝7時ぐらいに上司にメールで休みたい旨を報告し、始業開始時間になったらまた電話することも伝えて電話すると、

 

休みの報告が二段階と丁寧になり、さらに電話した時にはすでに体調不良で休みたがっていることが伝わっているので、負担が少なく休むことができます。

 

注意)メールだけの報告は社会人としてNGとされているので、面倒でも電話だけはするようにしましょう。

 

また、この理由を使う時には、発熱の程度や症状を詳しく伝える必要があるかと思いますが、

 

例えば、発熱38℃や嘔吐、下痢の症状を伝えるとノロウイルスやインフルエンザの可能性が考えられ、病院で検査を受けてきてください!と言われてしまう可能性が高くなります。

 

症状について伝える時には、頭痛、喉の痛み、微熱など、病院に行くほどではないが休みが必要程度に伝えると、通院する必要がなくなり休みやすくなります。

 

そして、当日会社を休む時の一番のピンチな状態が…寝坊してしまい、会社の就業時間がすでに始まってしまっている場合です。

 

実は私も新入社員の時にやってしまったことがあり、汗ダラダラになって電話をかけたことがあります。笑

 

新入社員の場合には、少し免除される部分もありますが、ある程度の年数が経っている人は立場もありますし、寝坊しましたなんて言いにくいですよね。

 

そこで、私が実際に電話で受けたことがある当日休みの始業開始後の連絡方法として下記の2つを紹介します。

 

腹痛が酷くてトイレから出れない状態だった」

 

「朝起きたら頭が痛くて、横になって休み社内の電話が通じるまで待っていてたら眠ってしまった」

 

ありえそうな理由ですよね。

この連絡を受けた時は、そもそも体調悪い時に、電話連絡させる日本の文化って大変だな改めてと思いました。笑

 

家族の都合

結婚している人でもしていない人でも家族はいます。

 

そして今は高齢化の時代なので、自分の両親や親戚の介護のために突然休む人はたくさんいます。

 

つい最近も体調不良で休んでしまったから気まずいな…と感じる人は家族の都合で休むという理由を使うのもおすすめです。

 

最近では施設にいる高齢者でも、新しい薬を使い始めたら落ち着かない様子が見られるので見守りのためきてくださいと言われることや、夜中に尻もちをついたので受診に付き合ってくださいと家族に言われることがあります。

 

家族が体調不良で…というのはなんとなく縁起が悪いような気もしますし、職場の人も気を使うので、介護の交代や見守りのための休みという理由でも良いかと思います。

 

◉会社を長期休む時の理由

会社によって認識が違いますが、4日以上の休日を取得する場合には長期の休みと思われる傾向があります。

 

長期の休みを取る場合には、必ず誰かに迷惑をかけてしまうので、できれば2〜3ヶ月前、難しくても1ヶ月前までには報告するようにしましょう。

 

…これは少し余計なお世話かもしれませんが、人事考課(ボーナスの査定や昇格面接)前の時期、例えば5月、6月、11月、3月の時期は長期休暇を取るのは避けれるなら避けた方が良いと言えます。

 

(忙しい中で仕事を熱心にこなしたという自己アピールができなくなることや、来期の仕事の分担を増やさせる可能性があるため)

 

長期の休みを取る理由の多くは、旅行などかと思います。

 

長期休暇は余裕を持って上司に報告している場合には変に理由を作らずに、そのままの理由を言っても問題ない場合が多くあります

 

しかし、上司や同僚にプライベートのことを話すのが嫌だと感じる人や自分の仕事を頼みにくい…と感じる人は下記のような理由を言うのも良い方法だといえます。

 

  • 友人や家族の結婚式
  • 家族の介護

 

友人や家族の結婚式

友人や家族の結婚式は地方や海外でも行われる可能性があります。

 

自分の予定というよりかは、しょうがない予定として考えられるため休みやすくなるといえます。

 

家族の介護

いつも介護してくれてる人の予定があるため代わりに介護する場合などを想定すると家族の介護を理由に休むことができます。

 

また家族の介護で休む場合には、お土産なども請求さらないので、気楽に休むことができます。

 

注意)家族の介護の場合、会社では「有給休暇ではなく介護休暇の申請もできるよ!」と言われる場合があります。しかし、介護休暇をとるためには会社にもよりますが、病院の記録やら色々な書類の提出を求められる場合があります。

 

この場合には、ウソがばれてしまうこともあるので、今回は有給休暇もあまっているので有給休暇を使います!と言うようにしましょう。

 

海外旅行で会社を休む場合の注意点

長期休暇をとって海外に行く人で、会社には本当の理由を言いたくない人の場合、休みは帰宅予定日プラス1日をとるようにし、海外にいる時でも日本の会社に連絡ができるよう準備しておくことをおすすめします。

 

海外の場合、情勢や天候によって飛行機が飛ばないことはよくあります。

 

特に、グアムやサイパンなどをはじめとするリゾートでは帰宅日が1日遅れることはよくあるので注意が必要です。

 

またパスポートの紛失や飛行機予約のトラブルなど様々な問題も起きる可能性があります。

 

日本の会社には海外にいる時にでも連絡できるよう出国前に準備をしておきましょう。

 

◉会社を休む理由は当たり障りのない内容で報告をする必要がある

今回は状況別に会社を休む理由について紹介しました。

 

この他にも、会社を休む場合には、休んだ次の日には少し早め(いつもの15分〜30分前)に出社し、仕事を代わりに引き受けてくれた人に感謝を述べることや上司にお礼を伝えることもマイナスイメージをつけずに休みをとる方法になります。

 

本来、労働者は有給休暇が余っていれば会社を休む理由は関係なく休みが取れる権利があります。

 

しかし、日本の文化には休みの本当の理由を言いにくい文化が根付いています。

 

嫌ですよね〜…。

 

でも私達の先輩達も通ってきている道なのでもうしばらくこの文化を引き継ぎ、会社を休む時には当たり障りのない方法で休みの報告をするようにしましょう。

 

良い休暇をとりながら快適に働ける職場が増えることを願ってます!

スポンサーリンク