採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

単身赴任はもう辛くない!単身赴任を乗り越える方法

スポンサーリンク

単身赴任ってラッキーって思う人もいますが、家族と離れた環境で家事をしたり休日を過ごすことで孤独で辛いイメージが強い人もいますよね。

 

でも全国転勤ありの職場で働くサラリーマンには転勤が付き物で、結婚している人は特に単身赴任する可能性も高くなります。

 

私の会社でも社内で異動の辞令が出ると、「単身赴任は困るよー」と生活環境についてや、自宅に戻る頻度、補助制度についてなど様々な相談を受けることがあります。

 

そこで今回は辛い単身赴任を乗り切るための方法として食事編、休日編、交通費編に分けて紹介したいと思います。

 

◉辛い単身赴任を乗り越える方法:食事を自炊できる環境は整える

単身赴任で辛いと感じることとして、よくあがるのが食事面に関してです。

 

一人分の食材を買うのは割高だし片付けも面倒だから食事は全て外食にするという人も多くいます。

 

しかし、実際に外食ばかりの生活をすると、野菜不足や脂質の多い食事になりやすく、体調や精神面でのバランスも崩しやすくなります。

 

またコストもかかり経済的な方法ではありません。

 

そのため、例えば炊飯器とお米だけは用意してご飯だけは自分で炊くようにすることや、フライパンと油さえ用意すればオカズができる食材キットの利用をすることをおすすめします。

 

(食材キットでは、宅配サービスがあり、種類も豊富なオイシックスパルシステムなどがおすすめです!)

 

また少し手間になりますが、一週間に一度家族から作り置きのご飯を宅急便で送ってもらう方法をとると食費を抑えられてバランスの良い食事をすることもできます。

 

単身赴任になると職場の人から食事に誘われる機会も増えてきます。

 

できる時はできるだけ自炊をして、健康的な食生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク

 

辛い単身赴任を乗り越える方法:休日に自分がリラックスできる部屋にする

単身赴任で辛いのは休日の孤独だと言う人もいます。

 

単身赴任になると自宅に帰る日もあるので、部屋は布団とテレビぐらいしか置かないという人もいます。

 

しかし、それだと休日に何もない日は孤独を感じやすく単身赴任を辛く感じることが多くなってしまいます。

 

単身赴任用の部屋も暇な時にリラックスできるようコーヒーメーカーを用意するアマゾンプライムなどに加入して映画鑑賞ができるような環境にしておくことをおすすめします。

 

辛い単身赴任を乗り越える方法:交通費は安さばかりを求めると辛さが増す

単身赴任になると、自宅に帰るための費用も必要になります。

 

会社で補助が月に1度程度出る職場の場合には、それを活用することができますが、補助がない場合には、高速バスLCCの飛行機を利用することで費用を軽減することができます。

 

しかし、特にバスの利用は帰宅するまでに時間がかかり、単身赴任が辛いと感じることが強くなる場合もあります。

 

1回帰宅する回数を減らして、片道だけは新幹線で帰るなど工夫をしてみることもおすすめします。

 

◉単身赴任が辛すぎる人は地域限定職に応募してみるのもおすすめ

今回は辛い単身赴任の乗り切る方法について紹介しました。

 

辛いと感じる単身赴任を乗り切るためには、気長に考え無理しない程度に健康的な生活を送ることが必要です。

 

しかし、特に初めての単身赴任の時には、人によっては単身赴任が辛いと大きく感じてしまう人もいます。

 

その場合には、異動願いを上司に申して出てみることや地域限定職がある場合には部署異動を申し出ることもおすすめです。

 

単身赴任は合う人もいれば合わない人もいます。そのことを忘れずに無理せず単身生活を満喫できるようにしてみてください。

スポンサーリンク