採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

30代ニートに朗報!採用担当者が教えるニートから就職する方法

スポンサーリンク

ニートから脱出したい!と思っても、どうやってニートから就職すれば良いのか方法が分からない人も多いですよね。

 

これまでも仕事をしないで家にいる人はいましたが2000年以降に「ニート」という言葉が頻繁に使われるようになってからは、ニートに対するイメージが固定化されてしまい就職が難しいのではと思われる傾向があります。

 

しかし、同じニートでも、30代という働き盛りのニートは人手不足の現代社会では方法次第ではすぐに就職できる人が実はたくさんいます。

 

そこで、今回は30代ニートの就職方法について採用担当者としての実体験を踏まえながら方法を紹介したいと思います。

 

◉30代ニートの就職ではスタートダッシュが肝心

30代のニートが突然就職しようと思っても、どこの企業に応募するべきなのか?何の職業が自分に合っているのかを考えるのに時間を取られてしまうことがあります。

 

確かに30代の就職は大きな出来事であり、慎重になりたくなるものです。

 

しかし30代ニートの就職で慎重な方法をとりすぎると、就職活動の期間が伸びてしまいだんだん就職に対するモチベーションも下がってしまいます。

 

そこで、まずは就職する日(就職活動のゴール)を就職活動を始めた後の3ヶ月とし、そこに向けて、どんどん進めていく気持ちで準備していく方法をとるようにしましょう。

 

◉30代ニートの就職活動でまずするべきこと

30代ニートの就活で、まず始めにするべきことは地域にあるハローワークに行くことです。

 

ハローワークとは、国によって運営されている仕事を紹介してくれる機関です。

 

パソコンで自分の住んでいる「市区町村 + ハローワーク」を入力して調べると自宅近くのハローワークが出てきます。

 

ここで出てきた自宅から一番近いハローワークにまずは行ってみるようにしましょう。

(ハローワークには筆記用具ぐらいを持って受付で就職相談がしたいですといえば対応してくれます。)

 

よくネットでは、ハローワークにはブラック企業しかない!とか使えない職員が多い!なんて書かれていることがあります。

 

確かにハローワークは国が運営している機関のため、ゆったりとした公務員さん達が働いている傾向があり、求人情報も不足している部分がある場合があります。

 

しかし、これは民間のいわゆる転職エージェントでも同じようなことが言えます。

 

ハローワークは国が運営しており、かつニートやフリーター、障害を抱えている人の就職支援を特に積極的に支援しているので、優しい人が多いですし、民間のエージェントのように無理に転職を勧められることはありません。

 

そのため私は30代ニートの就活では、まずはハローワークに行く方法をおすすめします。

 

ハローワークに行くと、その場で就職支援の登録をし、少し相談員さんと今後の計画について話し合えば、あとはパソコンで自分一人で求人情報を探すことができます。

 

そこで、実際の求人をみながら、まずは自分のペースで自分の地域にどんな職業があるのか、自分に合った職業はあるかを考えてみることをおすすめします。

 

注意)ハローワークは、平日9:00〜17:00までしか空いていないところが多いため、訪問する前には開いている時間を確認してから行くようにしましょう。

 

★ハローワークを利用するメリットはこちらを参考にしてください

www.tensyokujidai.com

◉30代ニートの就活では親身なエージェントを選んで登録する

ハローワークでの登録が終わった後に、30代ニートの就活ですることは、転職エージェントにも1、2社程度登録する方法を用いることが必要です。

 

その理由は、30代ニートから就職するためにはハローワークの利用だけでは求人が限られているからです。

 

ハローワークの求人はニートでも応募できるものが多くありますが、地域に密着した求人が多く、非常勤(正社員ではなく年契約の雇用)の求人が多い傾向があります。

 

30代ニートの就活は、時間も体力もつかいます。

 

ニートからせっかく就職しても、また就職活動をしなければならない職場に就職してしまうと、将来的にまたニートになってしまうリスクがあるため、できれば、はじめから正社員で働ける求人を探すことができる転職エージェントにも登録することをおすすめします。

 

また、民間の転職エージェントに登録する方法の注意点としては、職歴があまりないことやニートの期間が長いことに引け目を感じすぎないことが大切です。

 

ハローワークに比べ民間の転職エージェントは利益を追求する企業であるため、厳しいことを言われたり、求人紹介や企業への応募をグイグイ進められてしまう場合があります。

 

30代ニートからせっかく就職しよう!と思っている人は嫌な気持ちになることもありますが、この業界で働く人はそういう人が多いんだと割り切って自分の就職活動に集中することをおすすめします。

 

(どんなに学歴や職歴が良い人でも担当者によっては厳しいことを言われることがあります。だから気にしないのが一番です。)

 

また、登録する転職エージェントはニートやフリーターからの就職に強いネオキャリアに登録する方法をおすすめします。

 

公式サイト:大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

 

就職エージェントは自分の担当につく人によっても良い悪いもありますが、ネオキャリアは、私が実際に採用した方々が利用していたエージェントであり、就職支援が親身で優しかったという声が多かったエージェントです。

スポンサーリンク

   

◉30代ニートの就活では面談前に準備が必要

就職エージェントに登録すると、

 

(大体15分ぐらいで登録ができます。アドレスが必要になるのでgoogleやyahooで名字+数字などの無難なアドレスを作っておくと便利です。)

 

就職エージェントの営業所での面談に呼ばれます。

 

この面談では、履歴書や職務経歴書の提出が求められ、その書類を見ながら今後どんな仕事につきたいかの確認がされます。

 

採用面接ではないので緊張する必要はありませんが、担当者の印象を良くすると後々に相談や質問がしやすくなるとで、下記のような質問に対する回答は考えていくようにしましょう。

 

  • なぜ就職しようと思ったのか(きっかけ)
  • 応募したい企業の具体例
  • やってみたい仕事
  • 就職したら長期で働けるか
  • 自分の長所、短所

 

これらの質問は、就職面接の場面でも聞かれやすい質問です。

 

全ての質問に対し、ネガティブな印象にならないように、前向きな回答をするようにしましょう。

(就職面接ではポジティブな人が採用されやすい傾向があります。)

 

下記に簡単な回答例をあげてみます。実際には1つの質問に対してA4のノートで2行〜3行ぐらいになる文章で答えることをおすすめします。

 

なぜ就職しようと思ったのか

解答例)

自立した生活を送りたいと考えたため


応募したい企業の具体例

解答例)

〇〇会社

大手企業は子会社や関連会社もたくさん持っているので、自分が良いイメージを持つ企業があれば、あげてみることをおすすめします。

 

難しい場合には、「メーカー」「小売業」「商社」などの業種で答えても大丈夫です。


やってみたい仕事

解答例)

事務の仕事、営業、企画、など

 

就職したら長期で働けるか

解答例)

ちょっと自信が…と思っても、ここは「働けます」と答えることをおすすめします。

 

難しそうだなと判断されると、契約社員などを勧められてしまうため。


自分の長所、短所

解答例)

長所:一つのことを一生懸命最後までやり遂げられるところ

短所:人見知りなところ

 

このように自分なりの回答を準備してみてください。

 

またエージェントとの面談前には、履歴書に貼るための証明写真が必要になります。

 

証明写真も印象良く写りの良いものを転職活動が本格的に始まる前に準備しておくと、その後が楽なので準備するようにしましょう。

 

👇印象の良い証明写真の取る方法はこちらを参考にしてみてください👇

www.tensyokujidai.com

◉30代ニートの就職は景気が回復してきている今がチャンス

30代ニートからの就職というと一大決心!のような感じもしますが、世の中には病気や出産、介護など様々な理由から仕事をしてない状態から就職する人はたくさんいます。

 

30代ニートから就職しようと考えている人は、景気が回復しており求人が多くある今から就職活動をはじめてみてください!

 

素敵な職場に出会えることを願っています(^^)

スポンサーリンク