採用担当者Namiのブログ

人事部の採用担当者として働く私が、普段の人事業務を通じて感じていることや、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。

転職が辛くて辞めたい人が毎日1時間で終わる転職活動の方法

スポンサーリンク

転職活動を働きながらやってる人は多くいますが、仕事しながら転職活動をするって想像以上に大変で辞めたい人も多いですよね。

 

しかし転職活動は、ポイントをおさえればを毎日1時間の活動で終わらせることができます。

 

今回は転職が辛くて辞めたい人に教える転職の時短方法について紹介したいと思います。

 

◉転職活動が辞めたいほど辛い理由

転職活動が辞めたいと考えるほど辛い理由は何だと思いますか。

 

その理由はズバリ、すぐに内定をもらえないことです。

 

今転職活動を辞めたいと思っている人は、転職活動を始めてから3ヶ月、4ヶ月と長い期間がたっていないですか。

 

転職活動を辞めたいと思う人は、応募しても応募してもなかなか内定にたどりついていないという人が多い傾向があります。

 

一生懸命やっても結果がでない。

仕事をしながら転職の準備をしているから毎日疲れる。

いつになれば解放されるのか分からない…。

 

こんな状況にいたら、誰でも辞めたいと思いますよね。

 

転職活動を辞めたいと悩まないためにも、転職活動ではできるだけ早く内定がもらえるよう準備の段階から時短テクニックを使っていく必要があります。

 

◉転職活動を辞めたい人ができる時短方法

転職活動が辛くて辞めたいと思う人は、転職活動を短い期間で終わらせる(早く内定をもらう)ために下記のような取り組みが必要になります。

 

  • 自分の転職条件は一度決めたら変えない
  • 乗り気でない企業へは応募しない
  • 内定がもらえそうな企業へ応募する

 

一つずつ説明したいと思います。

 

自分の転職条件は一度決めたら変えない

転職活動を辞めたい人に多いのが、転職活動がだらだら続いてしまう余計な活動をしてしまっているということがあります。

 

余計の活動の中には、まず転職条件を転職活動をしながら変えることがあります。

 

転職条件とは、転職で叶えたいことつまり、転職する目的になります。

 

それらには例えば下記のような項目があります。

 

  • 給料をあげたい
  • 人間関係に悩まない職場で働きたい
  • 大手企業で働きたい
  • 安定した企業で働きたい
  • 転勤のない企業で働きたい
  • 同世代の多い企業で働きたい
  • ◯◯業界で働きたい
  • ◯◯の仕事をしてみたい   など

 

どんな人でも転職活動をしているからには、上のような転職する目的がありますよね。

 

しかし、これらの目的がざっくりとした目的になっていると後々転職活動が進む中で目的がズレてくることがあります。

 

その理由として、転職活動を始めてなかなか内定がもらえない人は段々と転職することがゴールになってしまうということがあるのです。

 

そのため、転職か活動をする場合には、まず転職する条件をできるだけ明確にする必要があります。

 

明確な条件にする場合、

 

例えば給料では、600万円以上が希望で最低でも550万円はもらえる場合に転職する。

 

例えば、転職先については、

(実際の企業名)に転職する。難しい場合には子会社でも構わない。

 

など、自分の転職条件をはっきりと決め、最低ラインも明確に決めておく必要があります。

 

もちろん、転職活動を始めたばかりの時には転職エージェントの担当者に今の転職市場の状況を確認し、自分が条件としてどこまで可能かを検討してから条件を決める必要があります。

 

しかし、一度きちんと転職条件を決めた後は、転職条件を変えないことで余計な転職活動をする必要がなくなり転職活動の時短につながることや辛くて辞めたいと思うこともなくなっていきます。

 

乗り気でない企業へは応募しない

転職活動において、転職エージェントにすすめられたら乗り気でない求人に応募してみた人は割と多いと思います。

 

せっかく担当者が調べて紹介してくれた求人にどれも応募しないのは申し訳ない…

 

そんな風にも思いますよね。

 

でもこれも転職活動がだらだら続く原因となり後々自分が転職活動を辞めたいと思うことにつながります。

 

転職エージェントが求人を紹介するのは仕事です。

 

また担当者は何人もの転職希望者を担当しているので断れられる経験は何度もあります。

 

担当者との関係を良くすることも大事ですが、時間を無駄し転職活動を長引かせることは転職活動を辞めたいと思うことにつながるので、はっきり断るようにしましょう。

 

(悪質な担当者の場合、どんな求人でも応募してくれる人には低い条件の求人ばかり紹介する人もいます。気をつけましょう。)

 

内定がもらえそうな企業へ応募する

転職活動でなかなか内定がもらえない人の中には、自分の経歴や年齢では絶対に無理そうな求人にばかり応募している人もいます。

 

内定がもらえなくても辛くない!という人はそのままでも構いません。

 

しかし、転職活動が辛くてもう辞めたいと考えている人は、自分の経歴で受かりそうな求人に応募してみてください。

 

転職活動はだらだらやっていると、自分の強みが分からなくなり、転職活動に対するモチベーションも下がってきます。

 

モチベーションが下がると、自然と転職活動のスピードも落ちてきますよね。

 

転職活動を辞めたいと悩んでいる人は、内定をもらえそうな企業で内定をまずはもらい転職活動のモチベーションを保つことで転職活動に勢いを持てるようにしましょう。

 

◉転職活動は時間をかければ良いというものではない

転職活動の一般的な活動期間は3ヶ月程度と言われています。

 

しかし、私は実際に内定につながる転職活動は1日1時間程度かければ十分にでき、集中することで3ヶ月よりもっと早く自分の条件に合った企業から内定をもらえると考えています。

 

  • 転職条件をはっきりさせた活動をすること
  • 余計な転職活動をしないこと
  • 早い段階で内定をもらい自分のモチベーションを保つこと

 

転職活動を辞めたいと考えている人は上の3点をまずはやってみてください。

 

きっと良い条件の会社で働けるための転職活動がすぐきできるようになると思います(^^)