採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

営業を辞めたい人必見!社内で営業を辞めるために使える理由

スポンサーリンク

f:id:Nami88:20200801225400p:plain

営業として入社したけど、営業がつらくて辞める理由を考える人は多いですよね。

 

しかし、社内で「部署を変える」のは想像以上に難しく、希望を出しても何年も通らないことはよくありますよね。

 

そこで今回は、営業を辞めたい人が使える「営業を辞めるために使える理由」について実際に営業からの他部署への異動に成功した人の理由を参考に紹介したいと思います。

営業を辞める人が多い理由

営業が辞める人が多い理由としては、

ノルマがあり予算達成のために毎日数字に追われること、

そして、取引先との関係構築をすることや新規契約のために営業回りをすることで、精神的な負担が大きいことがあげられます。

 

また、営業先に行くために何時間もかけて運転をすることや重たい荷物を運ぶことで肉体的にも疲労することがあげられます。

 

営業は、ボーナスの時にインセンティブがもらえることや、

実績が数値としてあらわれてくるため昇格しやすいことがあるため、同期の中でも給料が高くなる傾向があり、若手のうちはやりがいを感じる人も多くいます。

 

しかし、長年営業を続けていると、どうしてもノルマを達成できない年や体力的に限界を迎える時もあり、年齢を重ねるごとに営業を辞めるための交渉を上司にする人が増えてくる傾向が実態としてあります。

営業を辞めるための理由

営業を辞めるために使える理由として、下記のような理由があります。

  • ヘルニア
  • 精神的な負担
  • 資格取得
  • 運転能力に対する不安

ヘルニア

営業を辞める理由として身体的な理由をあげる人も多くいます。その中で最も多いのが

労災として扱われる案件の中でも最も多い「腰痛」です。

 

長時間同じ姿勢で運転をすることや、重たい荷物を抱えることが多い営業マンは腰痛持ちの人が多くいますよね。

 

腰痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。

椎間板ヘルニアは、加齢に伴って発生する人が多くなり、立ったまま前屈みになるといった姿勢をとるなど姿勢や動作が原因で発生します。

 

この椎間板ヘルニアの治療方法としては、痛みに対し注射をすることやそれ以上悪化させないために腰に負担のかからない生活をしながら治療する保存療法とヘルニアを切除する手術療法があります。

 

どちらの治療方法をしたとしても、椎間板ヘルニアは再発のリスクが高くなるため、腰に負担のかからない生活をする」必要があります

 

そのため、腰痛や椎間板ヘルニアの診断を医者から受けた場合には、営業を続けていくことが身体的に難しくなるため、ヘルニアを営業を辞める理由として会社に申し出ることで営業から事務の仕事などにうつれる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

 

精神的な負担が大きい

営業を辞める理由として次に多いのが精神的な負担の理由です。

 

営業を長くしていると、

「ノルマを達成できるか不安が大きい」

「取引先との関係性が心配」

このような精神的な不安感を感じることがあります。

そして、このような不安な状態が続くと不眠や動悸がする、腹痛がするといった体に症状が現れる人がいます。

 

最近では、「労働者のうつ」の問題が深刻化しており、会社でも予防の取り組みが必須とされています。(しっかりした取り組みをしないと会社が労基署などから注意をうけることになります。)

 

そのため、営業をしていて不安感が大きい人や眠れないや耳鳴りや頭痛がするといった身体症状が出ている人は、精神的な負担が大きいことを理由に営業を辞めるための交渉をしてみましょう。

運転能力に対する不安

営業マンには、運転能力が求められます。

 

最近の新卒採用では、「営業になりたくない」ことから面接で「運転免許を持っていない」と答える新卒も増えてきています。

 

長時間の運転や、夜間の運転、雨の日の運転などに不安がある人は「運転能力に不安があること」を人事担当者に伝え営業を辞めるための交渉をしてみましょう。

スポンサーリンク

 

資格を取得した

営業を辞めるための自分の熱意をより会社側に伝えるためには、異動したい部署を決めて、その部署で使えそうな資格を取得するという方法もあります。

 

営業を辞める理由として使える資格に具体的にどのような資格があるかというと、

例えば、

  • 経理部に異動したいなら簿記
  • 海外部に異動したいならTOEIC
  • 人事に異動したいなら社労士

などがあります。

 

このような資格は、取得するのに時間がかかるものもあります。

しかし、資格は営業を辞めると決めても社内で異動できなかった最悪の場合に、転職活動でも活かすことができるため、営業を辞める決意をした人は取っておくことをおすすめします。

 

また、日頃「営業の仕事が嫌だな〜」考えている生活の中で、自分から新しいこと(勉強)を始めると気が紛れて少し精神的に楽になることがあります。

 

営業を辞めると決意したのに、なかなかチャンスが訪れないという人はぜひ試してみてください。

営業職は向かない人は向かない

営業は会社にとって稼ぎ頭であり、花形の部署でもあります。

 

コミュニケーション能力も高い人が多いですし、

着ているスーツにもこだわっている人が多いので、

新卒の会社説明会で説明している姿を見て、営業職に憧れて入社する新卒も多くいます。

 

しかし、営業をやってみると、営業職は合う人と合わない人がハッキリ分かれている職種だというのも分かりやすい職種ですよね。

 

営業に向いていない人は、何年も営業職をし続けると、精神的にも肉体的にも限界に達し、最悪の場合、うつ病などの病気に発展してまうことがあります。

 

「営業を辞めたい」と考え「営業を辞める方法」を悩んでいる人今回紹介したような、

  • ヘルニア
  • 精神的な負担が大きい
  • 運転能力に対する不安
  • 資格取得

といった実際に営業から内勤の仕事にうつれた人の理由を参考にして社内で営業を辞めるための交渉をしてみてください!

社会人スキルの記事一覧はこちら

スポンサーリンク