採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

ヤマトの平均年収は高い!?給料の特徴や出世コースについて紹介

スポンサーリンク

f:id:Nami88:20200713144944p:plain

ヤマトは、宅配便で国内首位の企業であり、近年では上海やシンガポールなどアジアへの展開も加速しています。

 

また、最近ではネットショッピングが過熱し、宅配便の需要が急増していることからヤマトでの中途採用はとても活発に行われています。

 

そこで、今回はヤマトホールディングスの中でも転職市場で人気の高いヤマト運輸の平均年収や、給料の特徴、出世コースについて紹介したいと思います。

ヤマトの平均年収

有価証券報告書データによると、ヤマトホールディングスの平均年収は970万円で、運送業界でも高い平均年収となっています。

 

また、ヤマトの平均年齢は40.2歳、平均勤続年数は14.0で、長く安定して働く人が多い企業だと言えます。

 

ヤマト運輸単体でのデータは公表されていませんが、社員からの口コミを参考にすると平均年収は600万円~650万円程度になります。

スポンサーリンク

 

ヤマト運輸の平均年収の特徴

ヤマトの平均年収の特徴としては下記のような点があげられます。

  • 基本給+歩合給+家族手当+地域手当
  • 集配した荷物による歩合制
  • 残業代は全額支給
  • 昇給は年1回
  • ボーナスは年2回支給
  • 確定拠出年金制度

ヤマトの年収で多くの社員が満足している点として扶養手当が手厚いことがあります。

扶養手当は住んでいる地域により若干差がありますが、例えば東京の23区内に住んでいた場合1人目の扶養者の手当は7万円支給されます。(2人目以降は手当額が減ってきます)

 

歩合制では「基本となる荷物の数を超えて集配した分」が基本給にプラスされて支払われるようになります。

ヤマトでは担当するエリアによってはかなり年収をあげられる制度となっており、特に数が多く不在の件数も少ないオフィス街の担当になると平均年収が増えると言われています。

 

また勤続年数が増えると仕事をこなるスピードが速くなるため自然と出世や年収があがるようにもなっています。

 

ヤマトのボーナスは年2回支給され、年間で約6か月分の支給があります。ヤマトの基本給は低めと言われていますが、ボーナスの6か月分支給は運送業界の中では高い水準とされています。

 

昇給は年2回の評価を考慮し決まるようになっています。毎年必ず基本給があがる定期昇給ではありませんが、社員からの口コミでは「普通に仕事をしている人ならば皆あがる」という口コミがみられました。

また、一回の昇給では平均数千円程度の基本給アップがあるようです。

(管理職への出世を伴う昇給の場合には、数万円以上の基本給アップが期待できます。)

 

残業は、ほとんど毎日あり平均的に5万円~7万円程度の残業代がつく人が多い傾向があるようです。

しかし働き方改革により、月の残業時間は40時間以内に制限されている関係から、最近では平均の残業代が若干減ったという声もみられました。 

スポンサーリンク

 

ヤマト運輸の出世コース

ヤマト運輸でセンター長、支店長などの管理職に出世するには、「自分から立候補する」必要があります。

自分から出世を立候補することで、初めて管理職へ昇格させるかの判断がされるようになり、年2回の評価などを考慮し出世の有無が決定するようになっています。

 

また、ヤマトでは年2回の評価は、上司からの評価に加え同僚からの評価も取るようになっています。そのため上司の一存だけで評価や出世の有無が決まらないので公平性があるともされています。

 

ヤマトの従業員は8割が中途採用という現状もあり、年齢や勤続年数に関係なく「体力とやる気」があれば出世ができるようになっています。

 そのため、 20代で役職者に出世している人も多い傾向があります。

 

管理者に出世すると、平均で700万円~800万円以上の年収が期待でき、安定した生活がしやすくなります。

 

反対に荷物を乱暴に扱う人や交通違反や事故を起こすとヤマトでは出世が難しくなるという傾向があるため、出世を狙う場合には荷物の集配数という実績だけでなく日々の業務態度にも注意が必要になります。

ヤマト運輸への転職方法

平均年収が高く、転職市場でも人気の高いヤマトですが、宅配便の需要が急増していることから、ここ最近では転職のハードルは低いとされています。

 

応募は普通自動車免許を持っていれば応募することができ、入社後に運転の研修も受けることができます。

 

また、ヤマトは会社全体の8割が中途採用者となっているため、人間関係のトラブルなどを心配せずに入社することができます。

 

だだし、勤務先などの条件面は選考時に交渉が必要になります。上でも紹介したようにヤマトの年収は勤務地によって地域手当や集配の効率性が変わり、平均年収にも大きく影響がでます。

 

そこで、ヤマトへの転職を考えている人は下記のような条件交渉の実績が高いエージェントを利用することをおすすめします。

f:id:Nami88:20200905165300p:plainf:id:Nami88:20200519163613j:plain

<引用:doda公式サイト>

大手企業の求人数が業界トップクラスであることから人気のエージェントです。

業界ごとに担当者が分かれており、企業の深い情報を知る担当者がスピード感もって支援をしてくれます。大手企業に早く転職したい!という人におすすめのエージェントです。

f:id:Nami88:20200519164533p:plain

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

f:id:Nami88:20200519171418p:plainf:id:Nami88:20200903023843j:plain

<引用:マイナビジョブ20's公式サイト>

初めて転職活動をする人や、20代の転職者には、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

新卒採用も行なっているマイナビは他のエージェントより、丁寧で優しい担当者が多い特徴があります。

応募書類の添削や面接指導も徹底的に行ってくれるので、手厚いサポートをして欲しい方に特におすすめなエージェントです。

f:id:Nami88:20200519171448p:plain
公式サイト:20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

f:id:Nami88:20200519160140p:plainf:id:Nami88:20200905170748j:plain  

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、初回から紹介してくれる求人数が多いことでも人気なエージェントです。

また、転職成功者が多く、これまでの実績をもとに、面接対策や企業側に対する年収交渉をしてくれます。

転職で年収アップめざす人に特におすすめなエージェントです。

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職エージェントは、担当者によって紹介の質に差がでてくるので、2~3社の登録をすることをおすすめしています。

 

「ヤマトのような人気企業に転職したい!」と考えている人は、ぜひ自分に合った転職エージェントに登録してみてください!!

転職ノウハウに関する記事一覧

企業分析の記事一覧はこちら

スポンサーリンク