採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

転職面接で使える3年5年10年後のキャリアプランの回答例

スポンサーリンク

f:id:Nami88:20200731223233p:plain

中途採用の面接をしていると、キャリアプランに対する回答は「志望動機」や「自己PR」のように力を入れて考えている人が少ない印象を受けます。

 

しかし、転職面接で聞かれるキャリアプランの回答は、実は内定の合否を左右することが多い重要な回答になります。

 

そこで今回は、転職面接で質問されやすい3年後、5年後、10年後のキャリアプランの回答例について実際にマイナス評価をつけた例も踏まえながら紹介したいと思います。

なぜ転職面接でキャリアプランが聞かれるのか

キャリアプランとは、「仕事上における将来設計」のことです。

つまりキャリアプランに関する質問に対しては将来的に担当したい仕事の希望や、管理職への昇格に対する希望を目標とし、自分がどんなスキルや経験を仕事で養っていきたいかについて回答する必要があります。

 

採用活動をする企業側は、キャリアプランの質問をすることで、その人が自分の会社で採用された後にどのように成長していこうと考えているか知りたいと考えています。

 

また「キャリアプランが明確な人」は入社後に自分から積極的に学び成長してくれるため採用後早い段階で会社に利益をもたらせてくれる人だと考えています。

 

これらのことから、転職の面接では必ずと言って良いほど、キャリアプランについての回答が求められるようになっているのです。

スポンサーリンク

 

3年後のキャリアプランの例

3年後のキャリアプランというと、入社後あまり年数が経っていないようにも感じますよね。

 

そのため転職面接ではよく、「仕事に慣れて自分で回せるようにする」という人が割と多くいます。

 

しかし、即戦力が求められる中途採用では、入社後1年か、遅くても2年では実績を出し仕事を回しているレベルが求められます。

 

そのため、転職面接での3年後のキャリアプランの回答例としては、

 

「新規契約として○件の契約をとる」

「年間○の売り上げを出す」

「○○に対する新規システムの構築を行う」

 

といったように、具体的な目標する数値やプランを示して回答すると高い評価を受けることができます。

5年後のキャリアプランの例

入社して5年後には、主任や係長、チームリーダーといった入社時より次のステップの役職者にキャリアアップをするための行動が取れている必要があります。

 

次のステップの役職者にキャリアアップするための行動とは例えば、、

 

社内では後輩の指導や、任される仕事の幅を広げることが必要になります。

また社外ではTOEICなどの資格の取得やマネジメントについて自分で本を読んだり、研修会への参加をして勉強をする必要があります。

 

しかし実際の転職面接では、「プライベートを安定させることで仕事にもより力が入るようにしたい」といったような抽象的で、プライベート重視ともとらえられそうな回答をする人も20代30代の転職者には多くおり、マイナス評価を受けることがあります。

 

そのため、入社後から少し時間が経過する5年後のキャリアプランも、「○○の役職を目標として○○の資格取得をしてたいです。」というように具体的な目標と必要だと思う行動を簡潔に答えるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

10年後のキャリアプランの例

転職した10年後というと、任される仕事も立場も変わっています

そのため、具体的なキャリアプランを想像するのは難しいと思いますが、、

 

10年後のキャリアプランでも

「どのような仕事を任されていたいか」

「どんな部署に所属していたいか」

といった具体的な目標を話す必要があります。(少し背伸びしたような大きな目標を掲げることが高評価につながりやすくなります。)

 

この10年後のキャリアプランでは、たまに下記のような「自分の理想の上司像」を回答する人がいます。

「部下に慕われる上司になっていたい。」

「部署のメンバーと積極的にコミュニケーションをとる上司になっていたい」

 

しかし、転職面接で聞かれているキャリアプランはあくまでもキャリアについての回答が求められています。

 

そのため、10年後のキャリアプランでも身につけておきたいスキル任されたい仕事について回答をするようにしましょう。

スキル不足でもキャリアプランが明確だと内定をもらいやすい

転職面接で聞かれるキャリアプランは、上までの回答例でもあげたようにあまり具体化せずに答えている人がいます。

 

しかし、中途採用の場では、キャリアプランが明確な人だと、

転職することや、良い会社に入ることがゴールとなっている人と違い「入社後にも成長する人材」と高く評価されます。

 

そして、このような人達は、たとえ今の時点で多少スキル不足でも面接を合格する可能性が高くなります。

 

そのため、転職の面接を受ける場合には今回の記事で紹介した回答例のように、具体的な目標目標達成に向けて必要な行動を簡潔に答えられるよう対策をしておきましょう。

転職ノウハウの記事一覧はこちら

スポンサーリンク