採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

効果絶大!面接前の余計な緊張をスグにほぐす方法

スポンサーリンク

f:id:Nami88:20200803191033p:plain

面接の前は、どんなに対策をしていても緊張しますよね。

でも面接前に過度に緊張をしてしまうと、表情が固くなってしまったり、上手く話せなったりして、面接の評価に影響が出てしまう可能性が高くなりますよね。

 

そこで今回は、「面接前の緊張をほぐす方法」について紹介したいと思います。

面接前の緊張をほぐす方法

面接の緊張をほぐす方法には下記のような方法があります。

  • 深呼吸
  • 温かい飲み物
  • 軽いストレッチ
  • マッサージ
  • 声を出す
  • 会場に早めに到着しておく

深呼吸

f:id:Nami88:20200819175739p:plain

人は緊張すると「浅い呼吸」になりやすいと言われています。

「浅い呼吸」が続くと、脳に酸素が十分に送られないことで、血液の循環が悪くなり、自律神経のバランスが悪くなってしまいます。

 

自律神経のバランスが悪くなるとイライラしたり、余計な不安感に襲われることもあります。

 

そこで、面接前の緊張をほぐす方法として下記のような「深く長い呼吸」ができる深呼吸がおすすめです。

 

【深呼吸の方法】

①口をすぼめて、できるだけ長い時間で息を吐く(お腹を限界まで凹ますのがポイント)

 

②次に、鼻から息をゆっくりお腹が膨らむまで吸う

 

緊張をほぐす深呼吸の方法は、このたった2つのステップです。簡単ですよね!

 

深呼吸は自律神経のバランスを調整し、副交感神経を活性化させることで、身体がストレス状態から解放され全身でリラックスすることができます。

 

また面接前の深呼吸は「電車に座っている時」、「トイレに行っている時」、「面接前に面接室で待っている時」いつでも手軽に実施することができます。

 

ぜひ面接前の緊張をほぐすために、深呼吸を積極的に行って頭も身体もスッキリさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

温かい飲み物を飲む

f:id:Nami88:20200819174901p:plain

次に、面接前の緊張をほぐす方法として温かい飲み物を飲むという方法があります。

 

温かい飲み物を飲むと、体がポカポカ温まりますよね。

体は温めると、副交感神経が活性化され脳をリラックスした状態にすることができます。

 

この方法も手軽にできるので、面接前には緊張をほぐすために、温かいコーヒーやお茶などを飲み体を温めることをおすすめします。

ストレッチをする

f:id:Nami88:20200819041000p:plain

緊張すると、体がギューっと硬くなってしまう感覚がありますよね。

これは緊張から血管が収縮されて、血液の巡りが悪くなっているサインです。

 

屈伸をしたり、手を組んで左右に伸びをするなど、簡単なストレッチをすると、血液の循環も良くなり、余計な力が入ってしまった身体をもとの状態に戻すことができるので、おすすめです。

 

また、体が硬くなっている人は、顔の表情も硬くなってしまっている人がいます。

顔の表情は面接での印象にも影響を与えます

顔を上げて顎を伸ばしてみたり、大きく口や目を開くといった方法の「顔ストレッチ」も面接前の緊張をほぐす方法として、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

 

マッサージ

f:id:Nami88:20200819175148p:plain

面接前の緊張をほぐしリラックスするためには、交感神経の働きを抑えて、副交感神経を活性化させる必要があります。

 

この効果が期待できるのが、ツボ押しマッサージです。

緊張を抑えるためのツボ押しには、下記の3点のツボがあります。

  • 眉毛と眉毛の間
  • 両胸の中心
  • 手のひらの中心

 

このツボ押しマッサージも簡単にできるので、面接前のちょっとした時間に緊張をほぐすために実践してみてください。

声を出して面接の練習

f:id:Nami88:20200819171514p:plain

面接前の緊張をほぐすためには、面接の練習をしておくことも大切ですよね。

 

また、もし可能ならば面接会場で、小声で良いので声を出して練習をしてみましょう。

声を出そうとすると、呼吸と姿勢が自然と整えられて緊張をほぐす効果があるのです。

 

面接前にあまり時間がない場合には、面接の初めに必ず質問される「自己紹介」だけでも練習をしておくと、はじめの質問に上手く答えられることで、その後の質問にも緊張せずに回答できることが期待できます。

 

面接会場に着く前に歩きながらにブツブツ呟きながら練習する!といった方法でも十分対策になるので、ぜひ実施してみてください。

早めに到着しておく

f:id:Nami88:20200819042627p:plain

面接前の緊張をほぐすためには、「面接会場の環境に慣れる」ことも大事です。

 

また面接会場にギリギリに到着をしてしまうと、呼吸があがった状態で面接をするので、交感神経が活性化され続け、余計に緊張をしてしまう可能性があります。

 

面接会場には10分〜15分前には到着をし、緊張をほぐした状態で面接を受けれるよう準備しましょう。

スポンサーリンク

 

面接前に緊張するのは当たり前

面接の前日に眠れない人や面接前に緊張でドキドキしてしまうのをなんとかなおしたいと思う人は多いですよね。

 

しかし、面接前に緊張をするのは、それだけ面接に対して真剣に取り組んでいる証拠であり、面接官にとっても候補者が緊張しながら面接に対応してくれてることは、とてもありがたく感じることです。

 

たとえ完璧に準備をしていても、面接前は緊張するものですし、緊張していることがマイナス評価になることはありませんので心配しすぎないようにしましょう。

 

とは言っても、面接前に緊張しすぎしまうと、面接の回答が上手く話せないことがあるので、

面接前には緊張を少しでもほぐすために、今回紹介した下記の6点の緊張をほぐすための方法をぜひ実施してみてください。

  • 深呼吸
  • 温かい飲み物
  • 軽いストレッチ
  • マッサージ
  • 声を出す
  • 会場に早めに到着しておく

皆さんの面接が成功することを願っています!!

転職ノウハウの記事一覧はこちら

社会人スキルの記事一覧はこちら 

スポンサーリンク