採用担当者Namiのブログ

会社で働くこと•転職•採用の裏話

第一志望に内定するまでの転職活動の期間はどのくらいなのか?

スポンサーリンク

転職活動の期間はどのくらいなのか

転職活動にかかる期間は、人によって大きな差があるため、本当のところでどのくらいの期間がかかるのか心配になる人もいますよね。

 

そこで、今回は採用担当者の経験をもとに、内定をもらっている人の「転職活動の期間はどのくらいか」「転職活動の期間を短くするための方法」についても紹介したいと思います。

転職活動の期間はどのくらいなのか

転職活動の期間は、一般的な人で3ヶ月〜6ヶ月程度と言われています。

 

傾向としては、20代〜30代前半の人は3ヶ月程度の期間で終わる人が多く、年齢が高くなると期間が延びる傾向があります。

 

また、あまり求人が出てこない職種の場合にも転職活動の期間が延びる傾向があります。

 

転職活動の期間がどのくらいかかるのかは人によって変わり、どのくらいかかっても問題はないのですが、、、

 

転職活動の期間は短ければ短いほどメリットも多くなります。

転職活動の期間が短い方がメリットが大きい理由

転職活動にかかる期間が短いことでのメリットには下記のようなメリットがあります。

  • 疲れない
  • 早く入社できる 
  • 条件が良い状態で転職できる
  • 転職エージェントのやる気が高い
  • 周りにバレない

スポンサーリンク

 

疲れない

f:id:Nami88:20200901151915j:plain

転職活動は、働きながら活動する人が多いですよね。

そうなると、転職活動をしている期間は毎日、仕事+転職活動で体力が消耗されます…

また転職活動は、自分のこれまでを評価されること場面も多いため、精神的にも疲れが溜まりやすくなります。

 

転職の期間をどのくらいにするかは、自分がどのレベルの転職を目指すかにも左右されますが、早く終われば疲れる期間も短くすみます。

 

自分のからだを疲れさせないためにも転職活動の期間は短くすることをめざしましょう。 

早く入社できる

f:id:Nami88:20200903035006j:plain

転職活動の目的は、自分がより良い環境で働くことですよね。

 

転職活動の期間を短くすれば、それだけ早く入社ができるので給料や仕事内容といった自分の条件を満たした職場で早く働けるメリットがあります。

条件が良い状態で転職できる

f:id:Nami88:20200903193816j:plain

中途採用の現場では、転職活動を始めて2ヶ月〜3ヶ月程度の期間が、一番良い条件で転職ができていると言われています。

 

その理由として、採用する会社側が、転職活動が長くかかっている人を「他社が採用しない人」と見なす傾向があるからです。

 

面接で「今転職活動を始められてどのぐらいですか?」って良く聞かれますよね。アレです。

 

採用する会社側は、転職活動の期間がどのくらいかかっているかの情報から、「内定を出すか」や「年収交渉の金額」を決めています。

 

年収交渉は、他の企業からも声がかかっている人気者の人なら、他社が出すより多めの金額をだそうとします。

一方で、他社が狙っていない人なら前職と同じレベルが少し下げた年収で交渉をしようとします。

同じ人なのに、転職活動の期間がどのくらいかによって転職後の年収に影響がでるなんて、、

もったいですよね…( ꒪Д꒪)

でも、中途採用の現場ではよく行われていることなんです…。

 

そして、転職活動の期間が長い人の特徴として、より条件の良い求人を見つけようとする傾向がありますが、、

 

実際の年収が確定するのは、内定が出た後のことが多く、求人ではほとんどが「400万円以上」とか「400万円〜600万円」というようなおおよその年収しか求人には載っていないことがほとんどです。

 

この年収のレベルが高いものを探すのは良いのですが、、

たとえば転職エージェントを利用した転職の場合、はじめの面談の時点で、前職での年収や希望年収をもとに紹介する求人のレベルは決められてしまっています

 

そのため、いくら待ってもより良い条件の求人は紹介されない可能性があるので、転職エージェントを変えてみることや、できるだけ早く今ある求人に応募することをおすすめします。

 

求人だけ見るなら求人数業界トップのリクナビネクストで!

転職エージェントのやる気が高い

f:id:Nami88:20200902214721j:plain

転職を3ヶ月〜6ヶ月で決める人が多いことから、転職エージェントの担当者も支援を始めたばかりの時期がやる気が高い傾向があります。

(担当者は内定者を出すと会社側から数百万円以上のお金をもらえます)

 

担当者のやる気が高い時には、紹介される求人数も多いですし、面接対策も丁寧にしてくれます。

担当者のやる気が高い期間に転職を決めた方が内定後の年収交渉でも頼れますよね。

転職エージェントを利用し始めたら早めに転職することを目指しましょう。

周りにバレない

f:id:Nami88:20200903015055j:plain

転職活動をしていることが職場にバレると、嫌がらせや、退職阻止をされることもあり…めちゃくちゃ疲れます。

 

転職活動は短かければ短いほど、周りにバレないメリットがあるので、自分の今の職場での居心地を悪くしないためにも短い期間での転職を目指しましょう。

転職活動ではどのくらいの期間かによってやることが異なる

転職活動を短い期間で終わらせるためには、転職活動のゴールの日を決めて、それに向かって計画を立てる必要があります。

 

ここでは、転職活動の期間を3ヶ月とした場合の活動の内定について紹介します。

転職活動の期間1ヶ月目にやること

f:id:Nami88:20200903021405j:plain

転職活動を始めて1ヶ月目の期間でやることは、下記の2点です。

  • 応募書類の作成
  • 転職エージェント選び

転職活動に必要な書類には、「履歴書と職務経歴書」があります。

応募書類の作成については、下記の記事を参考にしてみてください。

転職エージェント選びのポイントしては、

  • 求人を多く紹介してくれる
  • これまでの実績が高い
  • 業界ごとに担当者が分かれており、企業側との距離が近い

ことがあげられます。

おすすめな転職エージェント

f:id:Nami88:20200519155757p:plain

f:id:Nami88:20200903023457j:plain

 <引用:doda公式サイト>

大手企業の求人数が業界トップクラスであることから人気の転職エージェントです。

業界ごとに担当者が分かれており、企業の深い情報を知る担当者がスピード感もって支援をしてくれます。

大手企業に早く転職したい!という人におすすめのエージェントです。

f:id:Nami88:20200519164533p:plain

公式サイト: 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

f:id:Nami88:20200519171418p:plain

f:id:Nami88:20200903023843j:plain
<引用:マイナビジョブ20's公式サイト>

初めて転職活動をする人や、20代の転職者には、マイナビジョブ20’sがおすすめです。

新卒採用も行なっているマイナビは他の転職エージェントより、丁寧で優しい担当者が多い特徴があります。

業界の専門の担当者が、応募書類の添削や面接指導も徹底的に行ってくれるので、手厚いサポートをして欲しい方には特におすすめな転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519171448p:plain
公式サイト:20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

f:id:Nami88:20200519160140p:plain

f:id:Nami88:20200519164911j:plain

パソナは地方を含めた全国における大手求人が豊富で、紹介してくれる求人数が多いことで人気な転職エージェントです。

また、年収交渉を得意とする担当者が多く、転職希望者からの満足度が高いエージェントです。転職で年収アップを目指す人に特におすすめな転職エージェントです。

f:id:Nami88:20200519171549p:plain

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職エージェントは、自分の担当になる担当者との相性によっても「内定までの期間に違い」がでてきてしまうため、2~3社の登録をし見極めながら利用をすることをおすすめします。 

転職活動の期間2ヶ月目にやること

f:id:Nami88:20200902224608j:plain

転職活動を始めて2ヶ月目には、とにかく求人を集めることが必要です。

 

どのくらい求人を集められたかで、自分の志望する会社を見つけられるかは変わってきます。

 

また、多くの求人票を見ることで、自分の目が養われます。はじめは、あまり気にしたいなったポイントについても目がいくようになり、「この会社は人の採用に力を入れている」とか「この会社はちょっと怪しいな…」といったことが分かるようになります。

 

1つの転職エージェントに登録すると、1社で大体20〜30件程度の求人を紹介してもらえるので、転職エージェントには2〜3社を登録することで50件以上の求人票を比較することを目指しましょう。

転職活動の期間3ヶ月目にやること

f:id:Nami88:20200903034658j:plain

転職活動を始めて3ヶ月目には、下記の2つの行動を起こします。

  • 面接対策
  • 面接を受ける

面接対策は、転職エージェントで行ってもらえるので、土日や平日の夜を利用して予約を取りましょう。

面接対策をしない人もいるのですが、、

転職エージェントが行なっている面接対策ではここ最近の「中途採用で聞かれやすい質問」「業界ごとに内定をもらいやすい人の特徴」などを教えてもらえるので、私は受けることを強くおすすめします。

 

また、どのくらい面接を受けたかによって内定の出方に違いがあるわけではありませんが、やはり面接に慣れていることは大切です。

 

理想としては、第一志望の会社を受ける前に1社練習で受験し、合計で3社〜5社の面接が受けれると良い条件で入社ができることにつながります。

転職活動の期間は短く、集中的に

今回は転職活動の期間がどのくらいかについて紹介し、期間が短い方がメリットが高いことについても紹介をしました。

 

記事でも紹介したように転職活動は、ダラダラと続けてしまうと、条件を下げることや体力を消耗することにつながってしまいます。

 

転職のゴールがどのくらいに設定するかのはじめの目安は3ヶ月。

転職活動が3ヶ月以上かかってしまっている時には、転職エージェントを変えてみることや、

応募する業界を変えるといった「転職のやり方を変える」必要があります

 

転職活動を始めてみて、なんか人より期間がかかっているなと感じる時やどのくらいになれば終わるのだろうか…と不安になってしまっている時には今回の記事を参考に、転職のやり方を変える方法をとってみてください!

 

皆さんの転職が成功することを願っています(๑´ڡ`๑)!!

転職ノウハウの記事一覧はこちら

スポンサーリンク